2009年12月19日

大沢たかお(JIN―仁―)元気ない今 全力で見せる

大沢たかお(JIN―仁―)元気ない今 全力で見せる

 幕末は小説のようにワクワクするような時代というより、生きるに酷な現実があったに違いない。そんな幕末の江戸へ時空を超えてしまった、現代人の医者役に、「ずっと不安。いつもの3倍の体力と精神力を使わないと混乱します」と、苦笑する。

 「普通の人なら不安で孤独で現代に帰りたいはず。その気持ちを素直に出さないとリアリティーが失われ、ただのファンタジーに終わる。生の表情、生の涙と笑い、吐息や汗を全力で見せるしかない」

 演じる楽しさを求め、ここ数年は映画や舞台に活動の場を移してきた。連続ドラマは8年ぶり。今、なぜ?

 「作品の根底に流れるテーマに共感できたし、何より、ドラマも含めて今の世の中、元気ないでしょ。作り手がリスクを背負ってでも全力でやらないと、お客さんに見てもらえない。出演者もスタッフもやってよかったと思いたいから」と、自らハッパをかける。

 「苦しいけど、成長したい。どうしようもない時の方が気合が入る。40代になって、それがわかってきた」。静かに、そして熱く語った。

文・井上晋治

写真・佐々木紀明

 やったことのない役で演じてみたい役は?(群馬県高崎市、米田佳代子

A 考えたことないです。「深夜特急」とかも縁あってですから

Q 小さい頃なりたかった職業は?(千葉県柏市、ジャバ

A 幼稚園の時は、電車や飛行機など乗り物の運転手になりたかった。小学生の頃は社長でした

Q 現代に生まれて、よかったですか

A その人次第だろうけど、この時代に生まれ、生きられてよかった。低迷や混迷の時代だからこそ、何か生まれるエネルギーとチャンスがあって面白いじゃないですか

JIN―(TBSテレビ系 日曜後9.00)
 幕末の江戸にタイムスリップした現代の脳外科医・南方仁(大沢たかお)が、医者の使命や愛する女性への思いに苦悩しつつ成長する。後半、ペニシリンの製造で歴史を塗り替えた仁に危機が迫る。

プロフィール おおさわ・たかお
 1968年3月11日、東京都出身。モデルを経て、テレビ朝日系「劇的紀行 深夜特急」シリーズなどのドラマに主演。映画「世界の中心で、愛をさけぶ」、蜷川幸雄演出のシェークスピア舞台まで幅広く活躍する。

(2009年11月24日 読売新聞)

この人物のオモテとウラ ヨーロッパからの“出稼ぎ”で大当たり

JIN 仁:初回視聴率16.5%、「官僚たちの夏」上回る マイガールは9.6%
大沢たかお脳外科医で8年ぶり連ドラ出演

1. JIN-仁- [tbs.co.jp]

2. JIN-仁- [sj.shueisha.co.jp]
3. JIN-仁- - Wikipedia
4. YouTube - jin

★★★

石原さとみ 中年男を熱演
能世あんなさん・香里奈さん・えれなさん(リアル・クローズ)3姉妹 演技ではライバル


posted by ぴかまま at 15:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。