2009年12月20日

「龍馬伝」福山雅治は「JIN」の内野聖陽を超えることができるか

「龍馬伝」福山雅治は「JIN」の内野聖陽を超えることができるか
2009年12月19日(土)10時0分配信 日刊ゲンダイ

 TBSドラマ「JIN―」が高視聴率をキープしている。13日放送の第10話も20.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。次回20日の最終回にも期待がかかる。

 高視聴率の要因は、タイムスリップした医師を演じる主演の大沢たかおや、武家の娘を演じる綾瀬はるかの好演によるところが大きいが、もうひとり、「何といっても内野聖陽が演じる坂本龍馬が素晴らしい」と言うのは作家の麻生千晶氏だ。

「内野は龍馬が持つ野性味や行動力を見事に体現しています。舞台出身で確かな演技力を持つ内野が、龍馬を面白がって演じていることが画面を通じて伝わってくる。“内野龍馬”の存在がドラマの格を押し上げています」

 となると、いやが上にも比較してしまうのが1月3日スタートのNHK大河「龍馬伝」で福山雅治が演じる坂本龍馬だろう。

 坂本龍馬はこれまで武田鉄矢など数多くの俳優が演じてきた。今回、福山が演じる龍馬は、これまでの固定観念のようになっている豪放磊落(らいらく)なイメージを一変させ、「人間・龍馬」のナイーブな一面を描き出すという。前出の麻生氏は「女性ファンの心を掴むのは間違いない。福山なりの龍馬像はつくり上げているとは思います。放送を楽しみにしている」と期待を込める。

 さて、福山龍馬は、内野龍馬を超えることができるか。

(日刊ゲンダイ2009年12月16日掲載)

注目番組の視聴率/大沢たかお、JIN最終回の見所を語る
大沢たかお(JIN―仁―)元気ない今 全力で見せる
TBSニヤニヤ…綾瀬はるかのおかげで大ヒット!?

★★★

Audience Rating TV ~ドラマ視聴率~
視聴率ランキング(総合/ドラマ)

★★★


posted by ぴかまま at 16:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日刊ゲンダイから
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。