2010年01月15日

仁科克基と多岐川華子、2世婚へ正月にグアムに旅行

仁科克基と多岐川華子、2世婚へ正月にグアムに旅行1月15日8時1分配信 スポーツ報知

 俳優の松方弘樹(67)・女優の仁科亜希子(56)元夫妻の長男で俳優の仁科克基(まさき、27)と、女優・多岐川裕美(58)の長女・多岐川華子(21)が結婚を前提に真剣交際していることが14日、分かった。

15日発売のフライデーが報じているもので、双方の所属事務所も交際を認めた。仁科亜希子はスポーツ報知の電話取材に「将来を考えている女性と聞いている」とコメント。近く双方の母親を交えた食事会を行うことを明らかにした。

 それぞれの両親がともにタレントというカップルが、ゴールイン目前だ。

 15日発売のフライデーによると、2人は約7年前、克基の母・仁科亜希子と、華子の母・多岐川裕美が舞台で共演したのを機に知り合った。約2年前に再会。今年8月20日、再び亜希子と裕美が共演した舞台「恋桜」を克基・華子が観劇したのを機に急接近。交際に発展した。

 亜希子が「恋桜」の地方公演を終えて戻った翌日の10月5日、克基は交際を報告。亜希子は「(克基から)待ちかまえていたようにちょっと話があると言われて。将来を考えて付き合っていると。最初は驚きましたね」。華子を交えて食事をし「克基にはもったいないぐらい(華子は)若いのにしっかりしてる」と好感を抱いた。

 今年の元日から2人はグアムに婚前旅行。10日には祖父で歌舞伎俳優の岩井半四郎らも出席した日本舞踊・岩井流の新年会にそろって出席。100人以上の関係者の前で「将来を考えている女性」と華子を紹介した。互いの母親を交えた食事会も近々に行われる予定。亜希子は結婚について具体的には決まってないとしつつ「とっとと片付いてくれるといい」と冗談交じりに2人を応援。

 克基の所属事務所は「結婚を視野に交際していると聞いている」。華子の所属事務所は「プライベートなことなので」としているが、交際は認めている。克基は15日に都内の舞台げいこで取材に応じる予定で、結婚宣言が飛び出す可能性もある。

 両親はもちろん、祖父・祖父母まで全員が俳優の克基。父が元俳優、母が女優の華子。ともに芸能一家で育った2人の今後が注目される。

 ◆多岐川華子(たきがわ・はなこ)本名・大内華子。1988年9月16日、神奈川県生まれ。21歳。04年に芸能界入り。バラエティー番組などで活躍し06年に映画「旅の贈りもの 0:00発」で初主演。最近ではパチンコ「フィーバー創聖のアクエリオン」CM出演が話題に。身長161センチ、血液型A。

 ◆仁科克基(にしな・まさき)本名・仁科正樹。1982年9月2日、京都府京都市生まれ。27歳。94年に目黒正樹として舞台「スタンド・バイ・ミー」でデビュー。99年に改名。代表作にTBS系「ウルトラマンメビウス」など。日本舞踊家として「岩井流・岩井久次郎」を襲名している。趣味は釣り。身長175センチ、血液型B。

「あなたと合体したい・・・」話題のCMソングが大ブレイクの兆し10
多岐川華子、映画初主演!来夏公開「初恋・夏の記憶」

仁科克基 公式ブログ
仁科克基 - Wikipedia

1. 多岐川華子 - Wikipedia


posted by ぴかまま at 16:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。