2010年02月13日

国母が謝罪、五輪出場へ=橋本団長、「責任全うを」と決断〔五輪・スノーボード〕

国母が謝罪、五輪出場へ=橋本団長、「責任全うを」と決断〔五輪・スノーボード〕(時事通信) 2/13 8:20

 【バンクーバー時事】バンクーバー五輪スノーボード男子ハーフパイプ(HP)代表、国母和宏(21)=東海大=の服装問題をめぐり、日本代表選手団の橋本聖子団長は12日、全日本スキー連盟(SAJ)から出場を辞退させる申し入れがあったことを明かした上で、国母を予定通り出場させることを決めた。

 同日記者会見した同団長は「スタートラインに立たないのは逆に無責任。本人が強い思いをぶつけてきたし、競技で自分らしさを発揮することで責任を全うしてほしい」と説明。同席した国母は「いろいろな方々にご迷惑をかけてすみませんでした」と改めて謝罪し、「応援してくれる方々のために雪の上でいい滑りができるよう頑張る」と語った。

 国母は当地入りの際、ワイシャツのすそを出すなど乱れた格好で移動。日本オリンピック委員会(JOC)から注意を受け、入村式の参加を自粛した。しかし、直後に行った記者会見での態度などに反省が見られないとして、SAJなどへ抗議が続いていた。

 事態を重く見たSAJの伊藤義郎会長は12日、橋本団長と電話で会談。

「連盟が推薦した選手が社会的に批判を受けることになり、責任を感じている」と出場資格停止を求めたが、JOCの竹田恒和会長から一任された橋本団長が国母と面談し、本人の反省を受け入れた。

 国母のほか、スノーボード代表の萩原文和監督らは同日夜の開会式出席を自粛。日本選手団副団長を務める笠谷幸生SAJ常務理事も副団長辞任を申し入れたが、慰留された。 (了)

★★★

国母、服装の乱れで注意も技への意欲語る
片ひじをつき記者の質問に答えるスノーボード国母和宏

バンクーバー五輪に出場するスノーボード男女ハーフパイプの日本代表選手が10日(日本時間11日)、選手村で記者会見を行い、大会への抱負を述べた。

1月末の冬季Xゲームで3位に入った国母和宏(東海大)は「今季は何のストレスもなく滑っています。スイッチからのサイドロールを決めたい」と言い、09年世界選手権優勝の青野令(松山大)は「今季は大会であんまり納得いく演技ができなかった。五輪では納得できるようにしたい」と話した。

 また、国母は会見に先立って行われた入村式への出席を自粛した。バンクーバー入りした際に服装の乱れがあり、スノーボードの萩原文和監督と国母に同行したコーチが、日本オリンピック委員会(JOC)から注意された。

 [2010年2月11日12時24分]


五輪スノーボード:日本代表現地に 国母「自分の滑りを」
バンクーバー国際空港に到着した青野令らスノーボードハーフパイプの日本代表選手たち=カナダ・リッチモンド

【バンクーバー飯山太郎】バンクーバー五輪スノーボード・ハーフパイプ(HP)日本代表が9日(日本時間10日)、当地に到着した。

1月末に米コロラド州で開かれた総合競技大会・冬季Xゲームのスーパーパイプ男子で3位となった国母和宏(東海大)は「目標は(メダル獲得より)自分の滑りをすること。誰がどんな技をやろうと、自分の滑りをするだけ」と抱負を述べた。

 開催地に到着しても「(気持ちの盛り上がりとかは)まったくないです」と淡々と語った国母。「早く時差ぼけを治したい。(調整は)3日間の公式練習があれば特に問題ない」と話した。

 また09年世界選手権優勝の青野令(松山大)は「(五輪では)何も考えずにリラックスして、いつも通りにやるだけ」と平常心を強調した。

 このほか、日本選手団主将を務めるジャンプの岡部孝信(雪印)や葛西紀明(土屋ホーム)も到着。スキー距離の5選手も当地に入り、会場のウィスラーへ向かった。

スノーボード 国母

スノーボード - Yahoo!ニュース

オリンピック

1. オリンピックホームページ

2. JOC - バンクーバー2010
3. バンクーバー五輪 ? Sports@nifty ?
4. 近代オリンピック - Wikipedia
5. 日本オリンピック委員会 (JOC)ホームページ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。