2010年04月14日

岡田准一&蒼井優は、ホントに「草食男子&森ガール」のカップルだったのか?

岡田准一&蒼井優は、ホントに「草食男子&森ガール」のカップルだったのか?
2010年4月14日(水)11時0分配信 リアルライブ

 12日付の一部スポーツ紙で破局を報じられた、V6岡田准一蒼井優

 サブカル寄りの文化系(?)連ドラ中心の露出で、他のジャニタレと一線を画すポジションを築いていた岡田君と、岩井俊二監督『リリイ・シュシュのすべて』で銀幕デビューを飾って以来、単館系映画のカリスマとして揺るぎない地位を誇る蒼井優。寸分のスキもないおしゃれ臭漂う、ハマりすぎのサブカルカップルである(だいたい、結ばれたきっかけがクドカン(宮藤官九郎)脚本の『タイガー&ドラゴン』というのも、なんともデキすぎた話じゃないか!)。

 それにこのカップル、今時の言葉でいえば、さしずめ「草食男子&森ガール」といったところか。映画『おと・な・り』で岡田君と共演した麻生久美子は「がっついてなくて、草食男子のよう」と、そのものスバリな印象を語り、蒼井優は昨年あたりから爆発的に注目されだした「森ガール」(“ゆるふわ”なワンピースなど「森にいそうな」ファッションを好む女子の通称)の象徴的存在として、夢見るサブカル乙女から絶大な支持を集め続けている。

 ところがこのご両人、ホントに「草食男子&森ガール」なんだろうか? ちょっと考え直してみたい。
 蒼井とのカップルがあまりにハマりすぎたせいで忘れられがちだが、以前の岡田君は、見るからに“肉食女子”な長谷川京子の「お持ち帰り」を報じられるほど、なかなかお盛んな健康男子であった。おまけに、V6のバラエティ番組の元スタッフの証言によると、
 「一番豪快に遊んでるのは森田剛だけど、その次は岡田君だよ。合コンでの手際のよさからしても、彼も結構な“ヤリ手”だよ」
 とのこと。「一見草食系、実は肉食系」といえば、木村カエラとのデート中にカラオケボックスで大暴れした(?)瑛太が真っ先に思い浮かぶが、岡田君もどうやらその一人だったようだ。もちろん、お盛んな火遊びも、蒼井という本命がいながらバリバリ現役だったらしい。

 「森ガール」といえば、ゆるふわワンピースに身を包み、かわいい雑貨とおしゃれな映画を愛する乙女…という、やたらとふわふわしたイメージが思い浮かぶが、その象徴である蒼井優はどうなのか。確かに彼女はファッション誌でゆるふわな服を着せられる機会が多いが、その中身はけっして「ゆる」でも「ふわ」でもない。
 一昨年の春、日本テレビで進んでいた『悪魔くん』ドラマ化(主演・大泉洋)のプランが、共演者・蒼井のツルの一声で立ち消え、彼女主演の『おせん』に差し替えになった一件に代表されるように、自分のプライドは頑として曲げない完璧主義者の蒼井優。その自尊心は『おせん』撮影現場でも健在で、監督の演技指導にムクれるなど、不満タラタラな態度で現場の士気を下げていた、という評判が残っている。彼女が、この高い高いプライドに裏打ちされた完璧主義を、仕事だけでなくオトコにも要求していたと邪推するのも無理のない話だ。

 芸能界屈指のおしゃれカップルの破局の内実は、実は肉食男子な岡田君の火遊びを、ゆるふわな外見と真逆な、蒼井優のバリカタ完璧主義が許さなかった…といったところか。「草食男子&森ガール」なんて、とんでもない話である。

蒼井優がV6岡田と破局 原因はモテ男・福山雅治にあり!?

それでもV6は解散しない。むしろ別グループ破綻の方がヤバい!?


posted by ぴかまま at 19:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。