2010年04月18日

「ゲゲゲの女房」布枝さん「あるがまま書いた」

「ゲゲゲの女房」布枝さん「あるがまま書いた」
2010年4月17日(土)9時54分配信 読売新聞

「いまだに夢見心地」と語る武良さん

 東京都調布市在住の漫画家水木しげるさん(88)の妻・武良布枝(むらぬのえ)さん(78)が15日、自身の小説が原案のNHK連続テレビ小説ゲゲゲの女房」にちなんだ街おこしを検討している同市の「『ゲゲゲの女房』推進委員会」に招かれ、約50人の参加者に感謝の言葉を述べた。

 武良さんは、小説について「本当にあるがままを書いた」と話し、ドラマ化やそれをきっかけとした様々な動きを「まるで夢の中にいるよう」と語った。「皆さんのぬくもりに支えられて今日があると思っています」と感謝すると、大きな拍手が起こった。

 会合後、取材に応じた武良さんはドラマについて、「祖母役の野際陽子さんのしぐさがそっくりで、思い出して泣いてしまった」とうれしそう。この日放送された水木さんとの見合いシーンは「面はゆいというか、くすぐったいというか……」と照れていた。

朝ドラで盛り上がる調布市

NHK朝の連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』第3週「たった五日で花嫁に


posted by ぴかまま at 05:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。