2010年04月21日

矢田亜希子 押尾学問題がまるでなかったみたいに仕事が次々と舞い込んでいる

矢田亜希子 押尾学問題がまるでなかったみたいに仕事が次々と舞い込んでいる
2010年4月20日(火)20時4分配信 日刊ゲンダイ

 仕事復帰した矢田亜希子(31)が順調そのものだそうだ。

 先月はフジテレビの特別ドラマ「刑事・鳴沢了〜讐雨」(今年5月放送予定)の出演が発表され、さらに今夏には同局の連ドラ「逃亡弁護士 成田誠(仮)」の出演が決まったという。

 元夫・押尾学(31)が逮捕されたことで、矢田の将来についても悲観的な見方が強かったわけだが、ウソみたいに仕事が舞い込んでいる。

「矢田は本人なりの“覚悟”をフジに伝えたそうです。ひとつは押尾のことで、“天地神明に誓って彼とはもう無関係”といった内容を書面で提示したそうです。“偽装離婚じゃないか”と疑う向きがありましたからね。もうひとつは条件面。矢田はかつての“月9女王”のプライドをかなぐり捨て、“どんな役柄でもやらせて下さい”とフジにお願いしたそうです。ギャラもノーギャラといっていいほどの破格の金額になったといわれてます」(マスコミ関係者)

 矢田は2歳になる息子がいて、両親と同じマンションで暮らしている。家族を守るために、とにかく仕事第一、四の五の言ってられないと判断したのだろう。

 母は強し。

(日刊ゲンダイ2010年4月15日掲載)

矢田亜希子、涙で「押尾事件」初めて語った
坂口憲二が刑事!矢田亜希子復帰!日本版ダイ・ハード
復帰に意欲?矢田亜希子-

★★★

佐々木希が連ドラ初主演!! 弱小相撲部の監督に就任
)「龍馬ブーツ」大人気、注文1か月半待ち

重力の強さ感じている」山崎さんが地球帰還 2週間ぶり笑顔で地上に〜「宇宙の話聞きたい」=無事帰還に安堵−山崎さん家族

<岡本真夜>「そのままの君でいて」 上海万博PR曲正式決定で音楽配信ランキングが100位圏外から急上昇

村上春樹のあまりの悪筆にネット住民驚がく、">「1Q84」BOOK3が4度目の増刷
<本屋大賞>「光栄で怖い」冲方丁さんの「天地明察」 大和暦の渋川春海描く 「1Q84」抑え


posted by ぴかまま at 08:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日刊ゲンダイから
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。