2010年05月21日

強気が売りのバブル女性も引き寄せた

強気が売りのバブル女性も引き寄せた,玉置浩二は女の「止まり木」
(AERA 2010年5月24日号掲載) 2010年5月20日(木)配信

安全地帯」のボーカル玉置浩二(51)とタレントで元C.C.ガールズの
青田典子(42)の熱愛が報じられた。正直「なぜ」と思った女子も多いはず……。

「バブル青田」の異名をとる強気な女の典型、青田典子まで、玉置浩二に魅かれるのか。「負け犬キャラ」で売っていたころは、自身の結婚をひた隠しにして仕事を取りにいくしたたかさも見せていたのに。

 同郷の女性との結婚にはじまり、石原真理子(現在は真理と改名)との不倫、薬師丸ひろ子やバックバンドのキーボード奏者との結婚・離婚、そして、石原との復縁──。あの石田純一をして「モテるというのはああいう方をいう」と言わしめた玉置の女性遍歴は、ちょっと冷静になれば彼との交際を思いとどまらせるに余りある。

「最強」のモテ条件
 石原の著書『ふぞろいな秘密』には、玉置が石原に暴力を振るう場面が詳細に描かれてもいる。それなのに、なぜ。

『だめんず・うぉ〜か〜』の著者で漫画家の倉田真由美さんは、青田の気持ちが手に取るようにわかる、と話す。

 倉田さんによれば、「モテ」とは努力で得られるものではなく天賦の性質だ。玉置はなかでも、「最強」のモテ条件を備えている。

 その一つは、「歌のうまさ」という圧倒的な才能だ。

 歌には、人間のプリミティブな感覚に訴える力がある。だから、ほかの能力に比べてダイレクトに響きやすい。

「小説で人を泣かせようとしたら5分じゃ無理。でも歌なら5分で泣かせることができます」

 実際、『ふぞろいな秘密』には、玉置が石原に、自身の大ヒット曲「ワインレッドの心」についてこう言ったと記されている。

「これはね、CMに出ている真理を見ていて浮かんだ曲なんだよ」

 もう一つは、気遣いや褒め方といった愛情表現のセンスだ。

 石原との復縁が発覚した際の記者会見で、玉置は何のてらいもなくこう言ってのけた。

「真理を全力で守っていこうと思う」

 青田との交際については、安全地帯のオフィシャルサイトで「青田さんとは一緒にいてとても気持ちのいい関係です」と公言し、彼女とともに暮らすために、家賃80万円の超高級タワーマンションに新居を構えたとも報じられている。

玉置との恋愛の「果実」
 仕事を共にする人たちへの感情表現も直接的で、挨拶はハグやボディータッチ。日ごろの感謝を伝える直筆の手紙を渡すこともあるという。

 倉田さんは言う。

玉置さんって、いい匂いのする木みたい

 歌のうまさや甘い言葉はさしずめ「樹液」で、ついふらふらとその枝に止まりたくなる。

「特にバブル世代の女性は、若い頃に浴びたスポットライトを忘れられない。自分にお金をかけてくれて、丁寧な気遣いでときめかせてくれると、その居心地のよさに引き寄せられてしまいます」(倉田さん)

 老いの恐怖も忍び寄るバブル女性と、玉置という「止まり木」の出会いは必然。永遠に止まってはいられないから、重要なのは羽を休めた後の飛び立ち方だ。

『大人の女養成講座』の著者でコラムニストの石原壮一郎さんによれば、玉置との恋愛の「果実」は、デートでのはしゃぎ方や恋愛のコツを思い出させてくれること。そう割り切って、

「執着したり追いかけないことです。相手の悪いところを言いたくなっても我慢して、『あんないい男はいままでなかなかいなかった』と持ち上げるくらいでちょうどいい」

「人の道理に反している」などとブログに書くのはやめて「大人の女プレイ」に徹し、次の恋愛に生かすが吉だ。

編集部 諏訪満里子

家賃80万円超!玉置 青田と新居で“半同棲”

玉置浩二のちょっといい話


posted by ぴかまま at 04:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。