2010年05月28日

NHK連続テレビ小説のヒロインは“脱ぎ女優”の登竜門!?

NHK連続テレビ小説のヒロインは“脱ぎ女優”の登竜門!?
2010年5月24日(月)21時0分配信 リアルライブ

 女優の宮地真緒が映画『失恋殺人』で激しい濡れ場と乳首を披露した。

宮地はグラビアアイドルとしてデビューするも、2002年9月から放送されたNHK連続テレビ小説『まんてん』でヒロインを演じ、知名度は全国区になった。

 「やはり今回は“元ヒロイン”というところがポイントだったのでしょう。ヒロインを演じれば、その後も“清純派”として世間から認知されますからね。ただ、意外と元ヒロインが脱ぐのは珍しくないです」と語るのは映画ライター。

 それではここで、元ヒロインたちの脱ぎっぷりを紹介しよう。2001年『ほんまもん』の池脇千鶴は『ジョゼと虎と魚たち』で妻夫木聡とのベッドシーンに体当たりの演技で挑戦。1989年『青春家族』の清水美沙は映画『うなぎ』などで大胆な濡れ場を披露。この映画ではローターで責められる女性を熱演している。また2003年『こころ』の中越典子もバストトップの露出はないものの、映画『ストロベリーショートケイクス』ではいわゆる「顔射」シーンを経験している。

 前出の映画ライターは、「天下のNHKが若い頃に目をつけるくらいですから、真剣に演技に取り組むため、濡れ場も問題ないと考える女優もいるでしょう。その一方で、“元ヒロイン”の冠はギャラを吊り上げるのも事実です」と語る。

 ちなみに、まだ大胆な濡れ場(乳首露出ありなど)を披露していない元ヒロインは、松嶋菜々子田中美里竹内結子国仲涼子石原さとみ榮倉奈々、それに三倉茉奈と佳奈。果たして次は…!?



posted by ぴかまま at 04:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。