2010年06月17日

Wink鈴木早智子、俳優との不倫激白「奥さんが…」

Wink鈴木早智子、俳優との不倫激白「奥さんが…」6月17日16時57分配信 夕刊フジ

鈴木早智子

 Wink(活動停止中)の鈴木早智子(41)が妻子ある男性と4年間にわたり不倫関係にあったことが分かった。

 17日発売の週刊文春によると、相手は既婚の舞台俳優、津田英佑(39)。2006年に舞台共演の後、男女の関係が続いたが破局したという。昨年、芸能人専門レーベル「MUTEKI」から出た鈴木主演のセクシーDVD「September Shock」にも、津田が出演していた。同誌の取材に、鈴木は「彼とお付き合いしていたことは事実です。奥さんがいることも知っていました」と不倫の事実を認めている

鈴木早智子(すずき さちこ、1969年2月22日 - 、本名非公開)は、日本のタレント・女優・歌手。東京都出身。Wink(現在活動停止中)。エグゼ所属。通称「さっちん」。血液型A型

愛知県名古屋市で、3姉妹の長女として生まれる。その後東京都、埼玉県と転居が続く。幼少の頃から歌手に憧れていた。
1986年、第1回「ロッテCMアイドルは君だ!」コンテストに出場し、最終選考まで残る(この時のグランプリは立花理佐)。
オスカープロモーションに所属するが、入学した高校が芸能活動を禁止していたために自主退学。アルバイトとレッスンの日々を送る。
1987年7月、ワニブックス社の雑誌『UP TO BOY』の第7代ミスアップ・グランプリを受賞(第9代グランプリが後にデュオを組むことになる相田翔子)。
1988年4月、相田翔子と結成したWinkとしてシングル『Sugar Baby Love』で歌手デビュー、1996年まで活動する。アルバム内のソロ楽曲ではクール・アンド・ザ・ギャングのカバーや来生たかおの提供曲などを歌っている。また鈴木本人もMiyoko.Aというペンネームで数曲の作詞を手掛けている。活動中から相田と同じく単独で映画、ドラマにも数度出演。
1996年のWink活動停止後は、プロダクション尾木系列の尾木エージェンシー(1998年4月、ネバーランドに改編)に移籍し、ドラマや舞台で活動。
歌手活動からしばらく遠ざかっていた1998年5月から、テレビ東京のリアリティ番組『ASAYAN』で、小室哲哉プロデュース権を賭けた「再起に賭ける芸能人」[1]に出演。ニューヨークで共同生活をしながらレッスンを行う企画であったが、鈴木は共同生活を拒否したり、レッスンの途中で退場したりするなど周りと同調しない様子を見せていた[2]。1998年8月上旬、ニューヨークでのレッスン後半、バンダイ・ミュージックエンタテインメントからCDリリースの打診を受け、「再起に賭ける芸能人」を離脱(中途帰国)した[3][4][5]。
同年10月、Wink活動停止後初のソロ・シングル「INNOCENT SKY〜悲しみも届かないあの空の向こうへ〜」を発売。
2003年、Wink活動停止後初のソロ・アルバム『零〜re-generation〜』を発売、翌年にはライブを行う。
2008年12月、『第50回日本レコード大賞』に相田翔子と二人でWinkとしてゲスト出演、「淋しい熱帯魚」を歌唱した 。
2009年9月、『SEPTEMBER SHOCK 鈴木早智子』というアダルトイメージビデオに出演した。
現在は舞台、ラジオ、テレビ番組・映画に出演しつつ、写真集を発表するといった芸能活動を行っている。1980年代アイドルが集まる番組に出演する機会も多い。

鈴木早智子 - Wikipedia

2. 鈴木早智子動画
3. Heart To Heart
4. YouTube - 鈴木早智子AV出演 官能的な紹介文も

相田翔子、メニエール病だった!今は完治


posted by ぴかまま at 18:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。