2010年06月18日

オザケン、極秘婚!お相手は米国写真家

オザケン、極秘婚!お相手は米国写真家 2010.6.18 05:05

歌手、小沢健二

「今夜はブギー・バック」などのヒットを飛ばし、世界的指揮者、小沢征爾氏(74)のおいっ子としても知られる歌手、小沢健二(42)が昨年末に米国人女性と極秘入籍していたことが17日、分かった。18日発売の写真週刊誌「フライデー」が報じた。

 1998年に活動拠点を米国へ移したオザケンが、今年5月から13年ぶりの全国ツアーを展開し、日本での活動を再開させた。同誌は東京・NHKホール公演の翌日の11日に、都内のデパートでスレンダーな白人女性と総菜などを買ったり、エレベーターを待つ間に彼女の首もとに優しく顔を近づける写真を掲載している。

 翌12日も、2人はJR御茶ノ水駅付近で人目を気にすることなく、堂々と手つなぎデート。一緒に小沢のマンションに帰り、ベランダにはおそろいのパーカーとジーンズが干されていたという。同誌によると、女性は写真家で映像作家、エリザベス・コールさん。米国で知り合い、年齢は36〜37歳くらい。オザケンの活動再開の原動力になっているようだ。

 小沢のツアー関係者は、結婚についてサンケイスポーツに「事実かどうかも含め、取材には一切応じません」としている。18日、大阪国際会議場で行う大阪公演で、本人の口から結婚発表が飛び出すか

“世界の小澤”の長男・征悦はどんな男か

小沢健二(おざわ けんじ、本名:小澤-、1968年4月14日 - )は、日本のシンガーソングライター。愛称は「オザケン」。

1968年、神奈川県相模原市にてドイツ文学者の小澤俊夫と、心理学者の小沢牧子の二男として生まれ、すぐにドイツへと移住する。

小さい頃から音楽や文学に熱中し、特に当時放送されていた歌番組「ザ・ベストテン」は下位20位までチェックする熱の入れようだった。兄が通っていたという理由により、私立和光中学校へ進学し、小山田圭吾と出会う。系列の和光高等学校には行かず、神奈川県立多摩高等学校を受験して進学。部活動ではバンドを組んでいた。当時家庭でのしつけが厳しく小遣いをもらえなかったが、通っていた予備校では好成績を収めると小遣いのようなものが出たこともあって、勉強は頑張った。東京大学文科III類に入学。 1989年、大学在学中からアマチュアバンド「ロリポップ・ソニック」で活動。プロデビューを果たすと同時に「フリッパーズ・ギター」と改名した。アマチュア時代から5人編成だったが、デビューしてすぐに小沢と小山田の2人編成となる。オリジナルアルバム3枚といくつかの再編集盤を残して1991年に解散。

フリッパーズ・ギター解散後、ソロで音楽活動を開始する。1993年、シングル『天気読み』でデビュー、1stアルバム『犬は吠えるがキャラバンは進む』をリリース。1994年、ヒップホップ・グループのスチャダラパーと共演したシングル『今夜はブギー・バック』をリリースし、50万枚を超えるヒットとなる。これによって小沢の名が一層広く知れ渡ったほか、日本でのラップ・ミュージックやヒップホップのポピュラー化を促すこととなった。日本のヒップホップも参照。

1994年、ソウルミュージックのアレンジを取り入れた甘い楽曲が並ぶ一際ポップな2ndアルバム『LIFE』が大ヒットとなる。これと前後し、メディアでの軽快かつ知的で余裕のある振る舞いやファッションが支持され、「渋谷系の王子様」と称されるまでの人気を博すようになる。1995年と1996年には連続してNHK紅白歌合戦にも出場。 1996年、ジャズテイストの3rdアルバム『球体の奏でる音楽』をリリース。渋谷毅がピアノ、川端民生がウッドベースを担当している。

1998年、シングル『春にして君を想う』をリリースした後しばらく活動を休止。

2002年、ニューヨークの今の音として(全てNY録音)R&BやAORに傾倒した4thアルバム『Eclectic』をリリース。この前にアメリカのレーベル、モータウンと契約し、1999年にマーヴィン・ゲイの生誕60周年を記念したトリビュート・アルバム『Marvin is 60』に「Got To Give It Up」の日本語詞カヴァーで日本盤のみながら参加するなど、この時期からR&Bやソウルに向かいつつあったことが窺える。

2006年3月8日、『Eclectic』以来約4年ぶりとなるオリジナル・アルバムとして、全曲ボーカルレスの『毎日の環境学: Ecology Of Everyday Life』をリリース。エレクトロニカ、クラブ・ジャズ、ラウンジ・ミュージック、インストゥルメンタルR&B、アンビエントといったジャンルに分類される作風。参加ミュージシャンは、Vincent Chancey、Marty Ehrich、Erik Friedlander、Arron Heick、Steve Kahn、Steve Nelson、Adam Rogers、Benjamin Love、Kenny Seymourなどのジャズミュージシャンのほか、、Mike Hampton(ファンカデリック)等のメンバーが名を連ねる。

1998年2月8日放送の番組「知ってるつもり?!」(淡谷のり子特集)にコメンテーターとして出演して以降、テレビへの出演は一切行っていない。一度は再開したかに見えたミュージシャンとしての活動も事実上引退状態となっており、現在はアメリカを生活の拠点に南米などで環境問題に基づくフィールドワークを行っているという。実際、たとえば父・小澤俊夫の責任編集による季刊誌「子どもと昔話」で小説『うさぎ!』を執筆しているが、その内容は現代の資本主義末期の欺瞞に満ちた社会を風刺するもので、子どもたちが主人公となっている。ベネズエラのウゴ・チャベス大統領やプラスチックの再利用など、重いテーマが選ばれている。25号(2005年10月発売)から連載を開始し、1話目のみ公式サイトで公開されていたが、2007年に同サイトが閉鎖された。

2007年には『「おばさんたちが案内する未来の世界」を見る集い』を日本各地で開催しているが、小沢の意向によりネット上ではほとんど情報が明らかにされていない。また、2008年の時点でEMIミュージック・ジャパンとの契約は解消されていると報道された[1]が、正式な発表はなく、同社のサイトでは現在も所属アーティストとして扱われている[2]。

2010年5月から13年ぶりのコンサートツアーを行うことが決まった。また、自身のツアー直前に行われたスチャダラパー20周年記念ライブにゲスト出演しファンを驚かせた。

小沢はいわゆる良家の出で、父方の小澤家は文化人を多く輩出し、母方の下河辺家は経済人を多く輩出した。家族親族には父方・母方ともに著名人が多い。

父方親族については、祖父に戦前の民族主義者である小澤開作、伯父に彫刻家の小澤克己、叔父に世界的な指揮者の小澤征爾および俳優の小澤幹雄、従兄弟に俳優の小澤征悦、従姉妹に女流作家の小澤征良(どちらも征爾の子)らがいる。

母方親族については、曽祖父に日本鉱業(現・ジャパンエナジー)元社長の下河辺建二、祖父に下河辺牧場の創業者である下河辺孫一、叔父に下河辺牧場代表の下河辺俊行、大叔父に日製産業(現・日立ハイテクノロジーズ)元社長の下河辺三史、下河辺三史の三男に音楽プロデューサーの下河辺晴三らがいる。なお、下河辺三史の妻は政治家で内閣総理大臣を務めた芦田均の長女なので、小澤家は下河辺家を通じて芦田家と姻戚関係にあたる。

フリッパーズ解散後、ゲスト出演したラジオ番組で「持っている人は捨てちゃってください、燃えないゴミの日にでも」とフリッパーズのCDについてコメントした。
コーネリアスのソロ1stシングル『太陽は僕の敵』に対して「ピチカート・ファイブの音とフリッパーズ・ギターの歌詞が好きな人が作ったような曲みたいだった。そんだけ」とコメント。一方、日比谷で行われた小沢の1stライブを見にきていた小山田は、フリッパーズ・ギターの頃の楽曲とは正反対のシンプルでロック色の強い楽曲を「なんだか尾崎みたいだった」と評し、解散後も変わらない仲のよさを示した[3]。
アルバム「LIFE」発売以降、インタビューを受ける際に「自分の許可無く、『フリッパーズ・ギター』という表記を雑誌に掲載しないように」との条件を出したことがある。よって雑誌で小沢健二の歴史を記載する際「ロリポップソニック 改名バンド」等の記載をしなければならず、この事が言葉狩りだと非難を受けたことがある。
1997年から1998年にかけて8cmシングルを多数リリースしたが、「全てひとまとめにしてアルバムで出せばよかったのではないか?」という問いに「シングルCDの短冊形のジャケットが好きだから」と答えた。
シングル集『刹那』は本来2003年の夏頃にリリース予定だったが、延期を重ねた末に同年の終わり間近、12月27日にリリースされた。しかし、当初収録予定だった1997年から1998年のシングルは収録されなかった(1995年リリースの『戦場のボーイズ・ライフ』も未収録)。一説には自ら選曲を行った小沢がこれらのシングルの収録を渋ったためだと言われる。
小沢による造語として「ホルモンタンク」(下目蓋のふくらみ、涙袋)があるが、これは1997年出演のテレビ番組『おしゃれカンケイ』での発言に端を発している

小沢健二 - Wikipedia

. ひふみよ 小沢健二 Official Site

小沢健二

4. YouTube - Kenji Ozawa - Lovely
5. 小沢健二私設ファンサイト[OZA!OZA!OZA!]

★★★

理想の父親 ナンバーワンは4年連続あの人
ドラマの見どころ!】案の定、子役に引っぱってもらう吉瀬美智子。『ハガネの女』
「佐々木希の3P騒動」とは何だったのか?

アルゼンチン、韓国に大勝…メッシの活躍光る

長友、再び強敵封じへ=エトー抑えて自信〔W杯〕
)FW大久保、トリックプレーやるかも…


posted by ぴかまま at 07:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。