2010年07月11日

有働由美子「あさイチ」の「セックスレス特集」が民放に波及

有働由美子「あさイチ」の「セックスレス特集」が民放に波及
2010年7月8日(木)10時0分配信 日刊ゲンダイ

 有働由美子(41)がテレビ界に変テコな影響を与えている。有働がメーン司会を担当するNHKの朝の情報番組「あさイチ」の言動が、民放に波及する可能性が出てきたのだ。

 6月23日の「セックスレス特集」。この中で有働はマジメにセックスレスを取り上げて、三十数回も「セックス」「セックスレス」と口にしたのだが、これが受けて同時間帯トップの11.1%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)を叩きだした。これまで朝の番組で下ネタはタブー。それを有働があっさり破り、成功したことで民放も「セックス特集」をやる動きが出ている。民放関係者がこう言う。

「セックス特集を本気で考えているのは日本テレビの『スッキリ!!』。主婦に夫婦生活の街頭インタビューをやって、セックスの悩みを取り上げようとしています。レギュラーコメンテーターにさかもと未明がいますが、この手のネタが得意でフライング気味でも彼女なら大目に見てもらえる。それに『スッキリ!!』のスポンサーには大手化粧品メーカーなどが少ないからやりやすい」

 もうひとつはフジテレビの「とくダネ!」。この時間帯の王者が有働の出現で2番手に落ちてしまった。それでなくても視聴率の下降傾向を理由に打ち切り説が絶えないのだ。小倉智昭本人は意地でもセックス特集なんかやりたくないはずだが、背に腹は代えられないのが実情だろう。

 結局、朝のセックス特集で色ボケ中高年が増えたりして。気色悪い。

(日刊ゲンダイ2010年7月5日掲載)

ゲゲゲ夫妻出演番組に反響


posted by ぴかまま at 11:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日刊ゲンダイから
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。