2010年07月14日

小林麻耶がTBSを退社した理由を明かす

小林麻耶がTBSを退社した理由を明かす
2010年7月13日(火)20時4分配信 アメーバニュース

 フリーアナウンサーの小林麻耶(31)がかつて勤めていたTBSを退社した理由をブログで明らかにした。

 小林は7月12日に31歳になったことを報告。そして、20代の時に『恋のから騒ぎ』に出会い、TBSアナウンサーになれたことが楽しかったと振り返る。仕事が楽しく、集中して打ちこめたことは自分にとっての誇りのようだ。

 その中で20代の時のことだけでなく、TBSを辞めたことについてもコメント。「でもその一方で、一つのことしかできない・・・私は、プライベートな時間を自分で上手に作ることができず、徐々に、心と体のバランスを崩していきました。そんな私が選んだ道は、『退社』でした」と退社の理由を告白した。

 フリーアナウンサーとなってからは、自分の時間を作ることもできるようになったようで、「そして、今、自分の時間を持ちながら、自分のペースで仕事をさせていただいています。念願だった母との長旅もできました。妹の披露宴にも、友人の結婚式にも出られます」と当時との違いを書くなど、今は余裕のある生活ができているようだ。


タグ:小林麻耶
posted by ぴかまま at 04:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。