2010年07月23日

「嫌いな女子アナ」ランクアップ 滝川クリステルに浮上した“何様”エピソード

「嫌いな女子アナ」ランクアップ 滝川クリステルに浮上した“何様”エピソード
2010年7月19日(月)10時0分配信 日刊ゲンダイ

 発売中の「週刊文春」が恒例の「好きな女子アナ、嫌いな女子アナ」のランキングを掲載している。「好きな女子アナ」1位はフジテレビの高島彩(31)で4連覇。2位は西尾由佳理(32=日本テレビ)、3位は滝川クリステル(32=フリー)で、やっぱり滝クリ人気は健在の印象だが意外な一面も。

 実は「好き」と「嫌い」がまったく同票。「嫌いな女子アナ」ランキングでも昨年の9位から6位にアップし、飽きられ始めているのだ。

 滝クリは「ニュースJAPAN」(フジ)で“斜め45度の女”として大ブレーク。09年9月に7年間キャスターを務めた同番組を降板後は、資生堂、トヨタ、サントリーなどのCMにも出演。タレントとしても大活躍している。

「滝川自身は今もキャスター意識が強いようですが、テレビ業界ではタレント扱いです」(事情通)

 そんな滝クリがどうして嫌われ者なのか。実はその一端をうかがわせるエピソードが伝わっている。

 今月8日、「第2回プラチナ・ミューズアワード」に選ばれた滝クリは両肩を露出した大胆ドレスで登場。会場は華やかな空気に包まれたが、授賞式後のトークショーでは「なんて嫌みな女なのか」とブーイングが起きたという。

 司会者が「滝川さんにとってアクセサリーとはどういう存在ですか?」と質問したところ、「それってさっきも聞かれたような気がするんですが、もう一度答える必要がありますか?」と嫌みたっぷりに逆に質問。

 司会者が「すみません、先ほどは音声が拾えてなかったみたいで」と説明し、「滝川さんにとってアクセサリーとは?」と再び尋ねると、「これも音声の不具合ですか? 私の滑舌が悪くて聞き取れなくて?」とブ然としたのだ。しかも、――。

「滝クリは副賞のプラチナのネックレスの価格については“報道陣に公表しないで”と主催者側に伝え、しっかり頂いたようです」(マスコミ関係者)

 レギュラーの「Mr.サンデー」(フジ)では宮根誠司と2人でコントを演じるシーンが2回あるが、これにも嫌々応じていて、それが顔に出ている。

 人気者だから少しテングになっているのだろうが、今はまだ許容範囲。以後、注意されたし。

(日刊ゲンダイ2010年7月16日掲載)



posted by ぴかまま at 17:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 女子アナ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。