2010年08月23日

芸能リポーターの梨元勝さんが死去、65歳

芸能リポーターの梨元勝さんが死去、65歳8月23日7時44分配信 産経新聞

梨元勝さん

 芸能リポーターの梨元勝さんが入院先の東京都内の病院で死去していたことが23日、明らかになった。65歳だった。所属事務所などによると、亡くなったのは21日午前5時19分。死因は肺がんで、梨元さんは治療のため、6月から都内の病院に入院していた。東京都出身。

 梨元さんは昭和42年に法政大学社会学部社会学科を卒業。その後は講談社に入社し、「ヤングレディ」の取材記者となった。昭和51年に「ヤングレディ」の取材記者を辞めて芸能リポーターに転身。芸能リポーターの草分け的存在として、テレビ朝日「アフタヌーンショー」を始め、多くのテレビやラジオ、新聞などで活躍。「恐縮です」の決めぜりふとともに芸能関係の“特ダネ”を多くものにしてきた。

 今年6月には肺がんを患っていることを公表。以後、ブログやツイッターなどで近況を伝えていた。

梨元さん、亡くなる2日前にショーケン交際問題で独自エピソード明かす8月23日11時24分配信 産経新聞

 21日に肺がんで亡くなった芸能ジャーナリストの梨元勝さんは、有料携帯情報サービス「梨元・芸能!裏チャンネル」で最後まで報じ続けた。亡くなる2日前の19日には、「ショーケンの恋愛は不滅。熟年のカリスマは変わっていなかった」と題して、俳優・萩原健一さんとモデルの冨田リカさんのロマンスについてコメント。

[フォト]「弱音吐かなかった父誇り」とコメントした梨元さんの長女、麻里奈さん

 「ショーケンこと萩原健一(60)もモテぶりは、石田純一、黒田アーサーのそれとは大いなる比がある」との書き出しで、独自のエピソードを交えて萩原さんの魅力を報じた。

 エピソードとは、梨元勝さんが以前、萩原さんと対談した際、梨元さんの妻の手を握り「いや、萩原です。初めまして。是非今度、我が家に食事に来てください。美味しいのを作ります。来てください」と萩原さんが言い、梨元さんの妻がショーケンに惹きつけられてしまったという。

 そして「計算することなく、“自然体”に振舞うことが彼の魅力であり、ファンを一気に獲得してしまうのだ」と分析。取材対象の人間味に迫る、独自の見方をしめした。

梨元勝さんの死去で今後の芸能ニュースはどうなるか?
2010年8月23日(月)15時0分配信 リアルライブ

 芸能リポーターの草分けとしてこれまで数々のスクープをものにしてきた梨元勝さんが21日午前5時19分、肺がんのため入院先の東京都内の病院で亡くなったことが所属事務所から発表された。65歳だった。告別式は近親者で行い、後日お別れの会を開く。喪主は妻玲子(れいこ)さん。

 梨元さんは5月末から都内の病院に入院し闘病しながら、夕刊紙の連載や、主幹をつとめる携帯サイト「梨元芸能!裏チャンネル(以下・裏チャン」でコラムを執筆し、病室からもスクープを追った。
 「最近ではタレントの黒田アーサーと、テレビ東京の大橋未歩アナ似の一般人女性との交際をスクープしていた。ジャニーズ事務所の圧力に屈せず、徹底的にネタを追いかけていたため民放各局のワイドショーは梨元さんを使わなくなったが、闘病生活から死去は各局で大々的に取り上げられた」(ワイドショー関係者)
 たしかに、「裏チャン」ではスポーツ紙やワイドショーが決して触れないジャニーズタレントのネタを連発。ほかにも、“タブー”とされているネタにどんどん斬り込んで行った。

 「名前は言わないが、梨元さん以外のベテラン芸能リポーターの多くは特定の芸能プロの“手下”で、癒着することによって時にはスクープを飛ばすスタイル。梨元さんの後継者となる人物もいないから、事務所やタレントにとって不利益な芸能ニュースはほとんどなくなるだろう」(週刊誌記者)
 さらに、今までは『梨元勝』という大看板でスクープを飛ばされ事務所も黙認せざるを得なかったようだが、「『裏チャン』に業を煮やしていた芸能プロは数多く、梨元さんが亡くなったのをいいことに取材拒否などの圧力をかける芸能プロもありそう」(同)。
 芸能ニュースを発信する側にとって梨元さんの死はあまりにも大きすぎる損失だ。



posted by ぴかまま at 16:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。