2013年07月18日

県内、大雨で交通寸断 

県内、大雨で交通寸断 山形新聞 7月18日(木)11時30分配信

 県内は18日、低気圧の影響で大雨に見舞われた。大江町を流れる月布川の水位が上昇し、町は近隣5地区に避難指示を出した。午前11時現在、山形自動車道は寒河江−月山間などが通行止めとなり、JRは奥羽本線などで運休が出ている。

 大江町によると、月布川に架かる久保橋が浸水し、久保地区の5世帯7人が避難できない状態。

 山形自動車道はいずれも雨量が規制値を超え、寒河江−月山間、湯殿山−庄内あさひ間、月山−湯殿山間の国道112号が通行止めとなっている。

 県危機管理課によると、朝日町宮宿の国道287号などで土砂崩れが発生。浸水による通行止めも各地で起きている。

 JR東日本山形支店によると、奥羽本線真室川−院内(秋田)間などで普通列車が運休。左沢線は河川増水の影響で運転を見合わせている。
.山形新聞社



posted by ぴかまま at 13:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 天気・気象
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。