2013年10月03日

<あまちゃん>続編を望む声続々もNHK「見通し立たない」

<あまちゃん>続編を望む声続々もNHK「見通し立たない」まんたんウェブ 10月3日(木)15時56分配信

あまちゃん」に主演した能年玲奈さん

 NHK連続テレビ小説「あまちゃん」が9月28日に最終回を迎えたことを受け、NHKに視聴者から続編を望む声が続々と寄せられていることが分かった。同局によると、9月28日〜10月2日の5日間で、「あまちゃん」に関する意見が約600件寄せられ、その中で続編を望む声が約90件あったという。

 同局の松本正之会長は3日の定例会見で、続編について「声が多いということを受け止めている。人(出演者)が集められるか、脚本ができるかなど問題がある。見通しは立っていません」と未定であることを明かした。また、海外展開については「検討していきたい」とした。
. 「あまちゃん」は、岩手県の架空の田舎町・北三陸市や東京を舞台に、内気で引きこもりがちだった主人公・アキ(能年玲奈さん)が海女やアイドルとして活躍しながら成長する姿を描いたドラマ。4月1日の初回から9月28日の最終回までの期間平均視聴率は20.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。能年さんのフレッシュな魅力、朝ドラの王道を貫きながら小ネタギャグをちりばめた宮藤官九郎さんの脚本などが話題となり、“日本の朝を変えた”といわれるほど人気を集めた。(毎日新聞デジタル)

★★★

「あまちゃん」能年玲奈がキムタクとの共演拒否 代わりはAKB大島に東スポWeb 9月30日(月)10時59分配信

「あまちゃん」の次の仕事選びは慎重になるのも当然

 今年一番の人気ドラマ「半沢直樹」(TBS系)が“超”高視聴率のうちに終わったが、心配されるのが同じ日曜午後9時枠で10月スタートする、SMAP木村拓哉(40)主演ドラマ「安堂ロイド〜A.I.knows LOVE?〜」だ。痛いドラマタイトル、お粗末過ぎるストーリー…。不安材料は他にもある。先週で終わったNHK人気朝ドラ「あまちゃん」のヒロイン能年玲奈(20)に、なんと共演オファーを断られていたというのだ。

「半沢直樹」の高視聴率効果で、TBSはウハウハだ。8月の平均視聴率ではゴールデン(午後7〜10時)とプライム(午後7〜11時)時間帯でフジを上回り、民放3位に躍り出た。局関係者は「久々の明るい話題で社内も活気が出てきた。最終回も40%超えしたし、9月もフジを超える可能性はあるだろう」と声を弾ませる。

 ただ「半沢直樹」が終わったこの枠は10月以降、相当の苦戦が予想される。

「高視聴率ドラマと同じ枠は非常に難しい。それだけに今回は、高視聴率を期待して“あまちゃん”に出演をオファーしたんだが断られた。それで局内でも『やっぱり無理か…』というムードが漂ってる」と局関係者。

 TBSが能年にオファーを出したのは、主役・木村の妹役だった。もし実現したら「『あまちゃん』終了後、初の仕事がキムタクとの共演」となり、大きな話題になるのは間違いなかったが、能年サイドから、まさかの共演拒否を食らったという。

「まあ能年としては、あれだけ評価された『あまちゃん』の次の仕事は慎重になるのも当然。まして『半沢直樹』の後の枠では、視聴率を20%程度取っても評価されず、こんな割に合わない仕事はない。決してキムタクとの共演が嫌だったわけではないでしょうけど…」(芸能プロ関係者)

 とはいえ木村サイドは大ショックだ。「結局、妹役はAKBの大島優子に決まりました。もちろん大島の実績は能年以上だから不満はないけど、『半沢直樹』の直後のドラマと考えると、やはり能年の方が話題性はあったでしょうね」と同関係者。最近の木村サイドは、ドラマ共演者にブレーク中の女優をキャスティングするケースが目立つ。2年前、TBSの同じ枠で放送された主演ドラマ「南極大陸」には、綾瀬はるか(28)と芦田愛菜(9)が出演した。

 当時の綾瀬は、出演したやはり同枠のTBSドラマ「JIN―仁―」シリーズが高視聴率を獲得。芦田もフジの日曜午後9時枠ドラマ「マルモのおきて」で一躍大ブレークした。キャスティングについては「SMAP育ての親」と言われ、業界では有名なジャニーズ事務所のI女史の意向が大きいと言われる。

「昔みたいにキムタクだけで数字が取れる時代はとっくに終わってるから、Iさんも焦ってるんでしょう。一昨年、綾瀬と芦田を共演させたように、能年を欲しがったんでしょう」(前同)

 綾瀬と芦田の“助け”があっても、キムタク主演の「南極大陸」は期待されたほどの視聴率は得られなかった。今回は共演者ではなく、前評判の悪さが逆に宣伝となり意外と高視聴率を取ったりして!?

★★★

じぇじぇ!能年玲奈ついにバラエティー進出…ドラマで見せない“素顔”もデイリースポーツ 9月30日(月)6時58分配信

 28日に最終回を迎えたNHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」のヒロイン・天野アキを演じた女優・能年玲奈(20)が10月1日に日本テレビ系で放映される「火曜サプライズSP」(火曜、後7・00)でついにバラエティーに登場する。このほど「あまちゃん」で共演した小池徹平(27)とともに都内でのロケを行ったもので、ドラマでは見せないハタチの素顔も披露した。

【写真】能年玲奈、元気すぎて転倒ハプニング!階段で足踏み外し「キャー!」

 約半年にわたって日本国民をとりこにした“アキ”こと能年が“じぇじぇじぇ!”とバラエティーに登場した。

 ロケではミシンを使ってクラッチバッグ作りに挑戦したり、ラーメンとハンバーグが好物ということでラーメンカフェでつけ麺とスイーツを、ハンバーグ専門店でハンバーグを堪能。

 ミシンを使う際には、MCを務めるウエンツ瑛士(27)の質問攻めにあい、「ウエンツさんうるさいです」とあしらうなど、ノリノリ。「あまちゃん」を毎日欠かさず見ていたというウエンツは「そんな子だったかな、と思うぐらい切れ味鋭い能年ちゃんが見られます」と能年の“新しい顔”への新鮮な驚きを口にした。

 能年とともにゲストで登場した小池徹平は、「あまちゃん」で共演したとあって「芝居やってる以外の能年ちゃんっていうのは、自分のペースとか雰囲気っていうのをすごく持ってる」と素顔を絶賛。「マイペースでまっすぐな姿が見られると思うので、見る方にとっては新たな魅力が楽しめるんじゃないでしょうか」と兄のような優しいまなざしを送った。

 能年は「ストーブさん(小池が『あまちゃん』で演じた足立ヒロシの愛称)がいてくれたからちょっと安心しました。ミシンを頑張ろうと思いました」とバラエティーを存分に楽しんだよう。

 ウエンツは「(『あまちゃん』終了が)寂しいですね。さっき、携帯で(能年の)写真を撮ったんで、これを毎朝見て、なんとかやり過ごしたいなと思ってます。それぐらいの思いにさせてくれる女性ですね」とアキ同様、能年の魅力にハマったようだった。
.


タグ:あまちゃん
posted by ぴかまま at 20:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | あまちゃん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。