2014年09月01日

<中秋の名月>今年は9月8日 38年ぶりの早さ

<中秋の名月>今年は9月8日 38年ぶりの早さ毎日新聞2014年9月1日(月)10:46

 古来、日本人が観月を楽しんできた「中秋の名月」。例年は9月中旬〜10月初旬だが、今年は9月8日と、38年ぶりとなる早い時期に訪れる。まだ暑さも残るなか、秋の風情を楽しもうと、異例に早い十五夜イベントが、各地で企画されている。

 国立天文台(東京都三鷹市)によると、昨年の中秋の名月は、9月19日、2012年は30日だった。21世紀に入って最も早かった中秋の名月は03年の11日。9月8日となるのは1976年以来だ。その前は57年、さらに前は1900年にまでさかのぼるという。

 また、今年9月の満月は9日に迎え、少し欠けた「名月」となるのも特徴だ。天文学上、満月とは、地球から見て月と太陽が反対方向になる瞬間で、中秋の名月と決め方が異なるためだ。2001年以降の20年間に満月と一致するのは、昨年を含む7回にとどまっている。

 各地の行事も異例に早まっている。日本科学未来館(東京都江東区)は1日、「未来館でお月見!」を始めた。8日まで館内に展示する有機ELパネルを張った直径6メートルの球状ディスプレーに、月周回衛星「かぐや」の画像を映す。同館科学コミュニケーターの谷明洋さん(33)は「月見イベントは毎年恒例だが、こんなに早い時期に実施するのは初めて。月や宇宙に興味をもってもらうチャンス」と期待する。

 東京タワー(東京都港区)は8日夜、月明かりを引き立てるため、タワー上部を消灯し、下部を青色に輝かせる「ダイヤモンドヴェール」を実施する。

 嵯峨天皇ゆかりで観月の名所と知られる大覚寺(京都市右京区)では6〜8日の夜、境内の大沢池に映る月を楽しむ「観月の夕べ」を開く。【千葉紀和】

 【ことば】中秋の名月

 別名十五夜。旧暦8月15日の夜に出る月のこと。現在のグレゴリオ暦(新暦)では9月7日〜10月8日の間になる。旧暦では月の満ち欠け(周期は29.5日)を基に1カ月を決めるために、新暦との差が生じる。1年ごとに11日程度早まる一方で、旧暦で季節を調節する「うるう月」(およそ19年に7回)が挿入されると、大幅に後ろにずれる。

 ◇最近の中秋の名月◇

 2001年 10月1日

   02年 9月21日

   03年 9月11日

   04年 9月28日

   05年 9月18日

   06年 10月06日

   07年 9月25日

   08年 9月14日

   09年 10月03日

   10年 9月22日

   11年 9月12日

   12年 9月30日

   13年 9月19日

   14年 9月8日

   15年 9月27日

   16年 9月15日

   17年 10月4日

   18年 9月24日

   19年 9月13日

   20年 10月1日


タグ:中秋の名月
posted by ぴかまま at 15:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 天気・気象
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。