2014年09月30日

「花子とアン」視聴率22・6% 関東では過去10年で最高

「花子とアン」視聴率22・6% 関東では過去10年で最高
2014.9.29 11:45

27日に放送が終了した NHKの連続テレビ小説「花子とアン」の全156回を通じた平均視聴率が関東地区22・6%、関西地区21・6%で、関東地区では過去10年で最高を記録したことが29日、ビデオリサーチの調べで分かった。関東地区での20%超えは、「あまちゃん」「ごちそうさん」に続き、3作連続。最終回の平均視聴率は関東地区22・3%、関西地区22・8%だった。

 3月31日放送の初回視聴率は関東21・8%、関西18・1%だった。

 主役の村岡花子を演じた吉高由里子さんは「半年間、朝の貴重な15分を『花子とアン』のためにさいてくださった皆さま、本当にありがとうございました。花子として過ごしてきた時間は心から、いとおしい日々でした。多くの皆さまに支えられ、感謝の気持ちでいっぱいです。応援してくださったみなさま、本当にありがとうございました。また、お会いできるときまで、心を込めて『ごきげんよう、さようなら』」とのコメントを出した。

吉高由里子、花子にお別れ「さよなら」 ツイッターで感謝の気持ち綴る
「花子とアン」クランクアップ 花子役の吉高さん「本当に幸せな毎日でした」

仲間由紀恵:7年愛育み「機熟した」14歳差田中哲司と結婚
タグ:花子とアン
posted by ぴかまま at 11:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。