2007年09月13日

もたれ・痛み 機能性胃腸症

もたれ・痛み 機能性胃腸症(2006年6月16日 読売新聞)http://www.yomiuri.co.jp/iryou/medi/saisin/20060616ik11.htm
慢性胃炎と混同 注意
 仙台市に住む40歳代の女性は、「食後に胃がもたれ、時々痛む」症状が1年以上続き、自宅近くの病院で内視鏡検査を受けた。しかし、がんや潰瘍(かいよう)は見つからず、「慢性胃炎」と診断された。胃粘膜を保護する薬を服用しても一向に良くならず、東北大病院総合診療部を訪れたところ、「機能性胃腸症」と診断された。聞き慣れない病名だが、胃腸の働きを良くする薬を飲むと、次第に胃もたれも治まった。

粘膜に異常なし
 食事すると、胃腸は収縮して食べ物を消化したり、直腸側へ送り出したりする。この消化管の運動機能が低下して正常に働かなくなるのが、機能性胃腸症FD)だ。主にストレスが原因とされ、30〜50歳代の女性に比較的多い。
 内視鏡検査では、粘膜に外見的な異常が見つからない。このため、従来は「気のせい」「病気ではない」と言われたり、「慢性胃炎」と診断されたりすることが多かった。

 だが、胃炎と診断して薬を出しても、胃の運動機能低下による症状は、胃炎治療に使われる粘膜保護薬では治らない。「気のせい」と言われた場合も、患者は症状がとれないため、かえって不安やストレスが増し、悪化する例も少なくなかった。

 消化管の運動機能低下で胃もたれなどが起きることは、専門医の間では1980年代から世界的に注目されていた。そこで、患者に安心感を与えるとともに、治療の対象にしようと付けられた病名が機能性胃腸症だ。

 90年代に、胃炎がヘリコバクター・ピロリ菌によって引き起こされることが分かり、この菌の感染を伴わない機能性胃腸症が区別できるようになった。世界の医師で構成するローマ委員会は99年、国際的な疾病の診断基準を定めた「ローマ基準2」にこの病気を盛り込んだ。

治療法確立へ
 治療法も確立しつつある。東北大病院総合診療部長の本郷道夫さんが代表幹事を務める日本国際消化管運動研究会は、2004〜05年、この疾患とみられる患者1000人を対象に、胃腸の運動を促す薬(モサプリド)の臨床試験を実施。モサプリドを服用した患者の91%で症状が改善し、有効性が確認された。一方、効果のはっきりしない粘膜保護薬(テプレノン)を服用した患者で良くなったのは52%だったが、これは薬効のない偽薬(プラセボ)を使った海外の試験データと同程度の改善率。患者の半数は、薬を飲むという安心感で症状が改善することが示された。

 モサプリドのほか抗不安薬や、ストレスを緩和させる精神心理療法を併用することで効果をあげている。

 埼玉県済生会川口総合病院院長の原沢茂さんは「病気について丁寧に説明すれば、納得して症状が治まる患者も多い。家族関係や経済的な問題など、患者の悩みを聞くことでストレスもかなり緩和される」と話す。

 この疾患と混同されやすいのが、腹痛や下痢などが表れる「過敏性腸症候群」や、胃酸の逆流で食道がただれる「逆流性食道炎」。これらの病気でないことを確かめ、内視鏡検査でも問題ない場合に機能性胃腸症と診断される。

 日本人の4人に1人が機能性胃腸症を経験したと見られるが、まだ保険適用される病名にはなっていない。そのため、日本消化器病学会は昨年春、この病気に「機能性ディスペプシア」という保険病名を認めるべきだとする答申を厚生労働省に提出。診療指針の作成の検討も始めた。(科学部 瀬畠義孝)

(2006年6月16日 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/medi/saisin/20060616ik11.htm

機能性胃腸症とは

<安倍首相>胃腸障害で最低3〜4日の入院必要…慶大病院


posted by ぴかまま at 18:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。