2007年09月14日

日ペンの美子ちゃん

日ペンの美子ちゃん(にっぺんのみこちゃん)は、日本ペン習字研究会(日ペン)と、同会が実施している学文社のボールペン習字通信講座のイメージキャラクターであり、また彼女を主人公にした広告漫画のタイトル。

1972年、芸能雑誌「明星」(現Myojo)の広告に初登場。1999年まで中山星香(矢吹れい子)、聖原玲音(森里真美)、さとうげん(まつもとみな)、ひろかずみという4人の漫画家によって描き継がれた。この間多くの少女漫画誌や学習研究社、旺文社の出す中高生向け学年誌の裏表紙に掲載されたために、この時期に少女期を過ごした女性を中心に、また同年代の男性にも高い知名度を持つ。

最初期には白馬の王子様を夢見るような乙女だった美子ちゃんは、やがて社長秘書やスチュワーデスなどとしても活躍、1980年代後半にはスポーツ万能少女としてさまざまなライバルと対決したり、宇宙へも進出、1990年代には部活やアルバイトに精を出す元気系少女と、少女の憧れや少女漫画のヒロイン像の変遷を体現したキャラクタともいえる。いつの時代でも変わらなかったのはその前髪と、字が綺麗であること、ペット(猫または兎)がいることである。

漫画は、美子ちゃんやその友人たちの周辺で起こる問題(恋の悩みが多いがその他多岐にわたる)を、美子ちゃんが字が綺麗である特技を生かして解決したり、解決できなかったりする内容。日ペンの特徴を語る決まり文句が必ず盛り込まれて、何かしらの落ちがつく。毎回ほぼ固定のフォーマットで、横3×縦3コマの9コママンガ(まれに複数コマが連結になる場合もある)。上段3コマで、何かしら事が起こって解決手段として美子ちゃんが日ペンを提示、中段では美子ちゃんとペットが日ペンの売りを披露し、下段でオチ、というのがおおよその流れ。美子ちゃん自身は報われない結末が多い。1ページ漫画としての良作も多かったことも、本作の知名度を高めている。

「日ペンの巫女ちゃん」は誤植、誤変換の定番のひとつでもあったが、それを意識したのか美子ちゃんが巫女のアルバイトをするエピソードもしばしば描かれた。

2004年5月5日付で、第三文明社より「あの素晴らしい日ペンの美子ちゃんをもう一度」(岡崎いずみ著)が出版されている。同書での3代目作者さとうげんの描きおろし新作では、彼がアニメーターとして関わった「ふたりはプリキュア」のヒロインたちとの競演も果たした。

広告漫画としては1999年以降、各誌から撤退していたが、日ペンのイメージキャラクターとしてはひろかずみの描く4代目美子ちゃんが現役をつとめていた。2006年、梅村ひろみ画の5代目美子ちゃんが登場することになった。

2007年9月にYahoo!オークションのページで20年ぶりに初代美子ちゃんが特別編として復活した。[1](2007年12月27日まで)

日ペンの美子ちゃん - Wikipediahttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E3%83%9A%E3%83%B3%E3%81%AE%E7%BE%8E%E5%AD%90%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93


posted by ぴかまま at 03:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | エンターテイメント
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。