2007年09月14日

台風11号が発生

台風11号が発生 気象庁は13日、南大東島の南南東約390キロの海上で、熱帯低気圧が台風11号になったと発表した。

中心気圧は998ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル。時速約20キロで北西へ進んでいる。 (時事通信)
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/typhoons/?1189675727

台風11号発生。あすにも沖縄直撃の恐れ! - チーム森田の“天気で斬る!” - Yahoo!ブログhttp://blogs.yahoo.co.jp/wth_map/49349063.html

日本の南の海上の熱帯低気圧が今朝から急速に発達し、
今日午後3時に台風11号となりました。

台風は太平洋高気圧の縁を回るように北西から北寄りに進路を変えながら北上し、
あすの夕方以降沖縄に接近、
早ければあすの夜にも沖縄本島付近を直撃する恐れがあります。

更に東寄りのコースをとった場合、
奄美地方を通過した後、週末にかけて九州の西岸にかなり接近し、
上陸する恐れも想定される予報円となっています。

台風が九州から離れて通過する場合でも、
秋雨前線の活動が活発となり、
西日本の南に向いた斜面を中心に広い範囲で大雨となる恐れもあります。

今のところ台風は、
暴風域を持つほどまでには発達しない予想ですが、
それでも
沖縄本島通過時には、最大瞬間風速が30〜35メートルと予想されています。
波は最大6メートルに達する見込みです。

3連休に向けて沖縄の空の便を中心に交通機関も乱れる恐れがありますので、
今後の情報にご注意下さい。

台風11号発生。あすにも沖縄直撃の恐れ! - チーム森田の“天気で斬る!” - Yahoo!ブログ http://blogs.yahoo.co.jp/wth_map/49349063.html

★★★

秋雨(あきさめ)とは、日本において9月中旬から10月上旬にかけて降る長雨のこと(年によりズレがある)。秋の長雨、秋霖(しゅうりん)ともいう。夏から秋に季節が移り変わる際、真夏の間本州一帯に猛暑をもたらした太平洋高気圧が南へ退き、大陸の冷たい高気圧が日本海や北日本方面に張り出す。この性質の違う2つの空気がぶつかる所は大気の状態が不安定になり、秋雨前線が発生する。

梅雨前線と同じく、前線を挟んで夏の空気と秋の空気とが押し合いをしているため、前線は日本上空を南下したり北上したりする。

梅雨とは反対に末期よりも初期の方が強く、梅雨のない北海道でも秋雨はある。秋の台風期と重なっているため、しばしば台風の影響で大雨となり、大規模な水害を引き起こす場合がある。梅雨と違って、始まり・終わりが明確でないことが多く、梅雨入り・梅雨明けに相当する発表はない。また、東南アジア地域規模の現象である梅雨と異なり、日本周辺にのみ見られる現象である出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』。

台風9号、北海道へ=東北縦断、けが82人に−土砂災害の危険続く・気象庁


posted by ぴかまま at 04:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 天気・気象
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。