2007年09月18日

アンジェラ・アキ苦悩に決別 私の人生第2章…19日発売「TODAY」

アンジェラ・アキ苦悩に決別 私の人生第2章…19日発売「TODAY」9月17日8時1分配信 スポーツ報知


 2枚目アルバム「TODAY」を19日に発売するシンガー・ソングライターのアンジェラ・アキ(30)が、このほどスポーツ報知のインタビューに応じた。同アルバムは、デビューまでの10年間を詰め込んだ前作から「今日」までの1年3か月をつづった内容だ。日本武道館ライブや紅白歌合戦初出場、全国ツアーと夢を次々に実現し、プライベートでは3月に制作ディレクターと結婚。まさに公私に充実期にあるアンジェラの人生“第2章”について聞いた。

 日本人の父とイタリア系米国人の母を持つ。彫りが深く端正な顔立ちは一見クールだが、話し出すと人一倍、明るい。「ほんまですかぁ?」と故郷、徳島で使っていた言葉もポンポン飛び出す。

 ピアノを演奏するのにステージ衣装はジーンズにTシャツを通してきた。この意外さ、ギャップが親しみやすさにつながっている。「私服が衣装だっただけ。最近Tシャツだけは着替えます(笑い)。オフとの区別は大切だと思うようになった」少し心境の変化が起きている。

 歌手を志したのは18歳の時。昨年、すい星のごとく現れた印象を与えるが、メジャーデビューまで約10年間あった。伸びやかな歌声とパワフルなピアノ演奏、リアルでメッセージ性の強い歌詞。型破りな女性歌手は昨年、武道館単独ライブ、NHK紅白など思い描いた夢を次々にかなえた。初アルバム「Home」は60万枚を超え、2作目が待たれていた。

 「自主制作CDを500枚売るのに3年かかったから、違和感がある数字。60万人に『ありがとう』ってハグしたい。ライブはたくさんの方が来てくれて、ステージへ上がった瞬間に泣きそうになる。パッと出てパッと売れたと言われるけど、パッと過ぎた時は一瞬もない。20代前半ではなく、人生経験を積んでから夢がかなって本当に良かった」


 新アルバム「TODAY」は成功を手にしたアンジェラにとって"原点回帰"を意味するのかもしれない。大学進学を機にワシントンへ移り、歌手修業を始めた。約7年間に、離婚も経験した。アルバムに収録した「サクラ色」はその当時をつづった曲だ。

 「生きる意欲もなくなるネガティブ・スパイラル(悪循環)の時期。恋愛が終わって時間がたっているのに、曲を書き出したら、怒り、悲しみ、喪失感、そしてコンフュージョン(混乱)。サクラ色を作ることで、向き合っても解決できないことがあるんだ、と分かったし、前進できたと思う」

 ステージから呼びかける言葉がある。「keep on dreaming」夢を見続けて。
 「私も音楽をあきらめたことがある。夢を見続けることは、もう一度チャンスがあるということ。歌声もピアノもずっとコンプレックスだった。だけど、長年続けていれば、コンプレックスこそが個性になるのかな」

 14日にデビュー丸2年、15日に30歳を迎えた。「歌には、いいも悪いも出す勇気を持てた。どれだけ自分に忠実か、言葉の責任を強く感じるようになりましたね」3月に結婚した夫は「TODAY」はもちろん、全作に携わってきたディレクター。一番の理解者がそばにいる心強さ。さらなる飛躍でどんな歌を聴かせてくれるだろうか。

 ◆アンジェラ・アキ 1977年9月15日、徳島県生まれ。30歳。3歳からピアノを始め、中学まで徳島、岡山で過ごす。ハワイ、ワシントンで暮らし、2003年に帰国。05年3月、ミニアルバム「ONE」でインディーズデビュー。同年9月にシングル「HOME」でメジャーデビュー。今年3月9日、アンジェラの全作品の制作にかかわるディレクターと結婚した。

 ◆10月からツアー41公演 アンジェラは10月13日から来年1月30、31日の東京国際フォーラムまで、全41公演のツアーを行う。今回はアルバムに参加したバンドが加わり、ピアノ弾き語りと“2本立て”。「日々のプレッシャーを忘れたくて友達とお茶を飲みにいくでしょう。同じノリでライブに来て」という。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070917-00000067-sph-ent

アンジェラ・アキさんが再婚して★サトエリさんが破局して(≧Д≦)


posted by ぴかまま at 04:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。