2007年09月18日

竹野内6年ぶり映画主演 妻役に水野美紀…08年公開「あの空をおぼえてる」

竹野内6年ぶり映画主演 妻役に水野美紀…08年公開「あの空をおぼえてる」9月17日8時1分配信 スポーツ報知


 俳優の竹野内豊(36)が、米の児童文学を原作にした映画「あの空をおぼえてる」(冨樫森監督)に主演することが16日、分かった。2001年公開「冷静と情熱のあいだ」(中江功監督)以来、6年ぶり2度目の映画主演。日本の地方都市を舞台に、家族に起こった悲劇ときずなを描く作品で、竹野内は2人の子供の父親を演じる。妻役に水野美紀(33)。来年5月公開予定。

 「あの空をおぼえてる」は、米作家のジャネット・リー・ケアリーによる同名小説が原作。同書は長男が妹に書き続けた手紙で構成され、家族愛を描いた作品。日本でも2003年に刊行された。

 映画では、日本の地方都市で写真館を営む父親(竹野内)が主人公。ピアノ教師の妻(水野)、小学4年の息子、幼稚園の娘と幸せに暮らしていたが、ある日、悲劇が起こる。

 竹野内は香港女優ケリー・チャン(35)と共演したラブストーリー「冷静と情熱のあいだ」以来の映画主演。興収27億円とヒットし、竹野内は映画初主演ながら日本アカデミー賞の優秀主演男優賞も受賞した。

 映画への出演は、ナレーションに初挑戦した「明日への遺言」(小泉堯史監督、来年3月公開)に続き3度目。ドラマ中心に活動しており、韓国女優チェ・ジウとの「輪舞曲」(06年)、渡哲也との「家族」(同)など話題作に立て続けに出演。熱血教師役の「ヤンキー母校に帰る」(03年)、清朝最後の皇帝の弟を演じた「流転の王妃 最後の皇弟」(同)など幅広い演技を披露してきた。

 映画への思い入れは強く、黒澤明組だった小泉監督による「明日−」では、「何らかの形でかかわりたい」と“直談判”したほど。竹野内は「久しぶりの映画出演になりますが気負うことなく、映画ならではの空気感を楽しみながら取り組んでいきたい」と話した。

 竹内結子(27)の主演映画「星に願いを。」(03年)も手がけた冨樫監督は「ナイーブな感性を要求される役で、竹野内さんのイメージにピッタリと思いオファーした。共演者への心配りをはじめ、映画全体を考えることが出来る素晴らしい方」と期待している。今月下旬にクランクインする。

最終更新:9月17日8時1分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070917-00000064-sph-ent


posted by ぴかまま at 04:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。