2007年09月18日

東北地方北部で大雨、3県で2万8000人に避難勧告

東北地方北部で大雨、3県で2万8000人に避難勧告
9月18日3時7分配信 読売新聞


 温帯低気圧に変わった台風11号からの湿った空気が北日本にかかる前線に流れ込んだ影響で、東北地方北部は16日夕から17日にかけて大雨となった。

 秋田県北秋田市では、阿仁(あに)川がはんらんして女性1人が行方不明となり、避難所でも男性(88)が突然倒れ、死亡した。秋田、岩手、青森の3県では1万845世帯2万8647人に避難勧告が出された。秋田新幹線は午後3時ごろから盛岡―秋田間で運転を取りやめ、18日も運休する。

 気象庁によると、18日午前0時までの24時間の雨量は、岩手県花巻市豊沢で276ミリ、秋田県仙北市鎧畑で244ミリといずれの地点とも観測史上、最高となった。

最終更新:9月18日3時7分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070917-00000115-yom-soci

台風11号、久米島の北を北上…九州地方に接近へ9月15日


posted by ぴかまま at 09:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 天気・気象
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。