2007年09月19日

改正道交法:あす、施行 身勝手許さない 飲酒運転厳罰化、同乗も /青森

改正道交法:あす、施行 身勝手許さない 飲酒運転厳罰化、同乗も /青森
9月18日11時1分配信 毎日新聞


 交通の安全・円滑化と交通事故の防止を図る「改正道路交通法」(6月20日公布)が段階的に実施に移る。

第1弾の施行日は19日で、飲酒運転の罰則が強化されるのが大きな柱の一つだ

県内での飲酒運転による検挙者数は減少傾向にあるものの、「気を付ければ大丈夫」など身勝手な理由で飲酒運転に走るドライバーも多い。県警は、法改正を機に、取り締まりをさらに強化する構えだ。【後藤豪】
 ■検挙者数は減少
 県警交通指導課によると、今年の飲酒運転取り締まり強化期間中(7〜8月)に検挙されたのは200人で、前年同期間より146人減った。また、8月末までの累計でみても今年は584人と、前年同期の1130人から激減した。取り締まり強化期間中に分かった違反者の特徴として(1)8割以上が男性(2)20〜30代で全体の55・5%(3)深夜(午前0〜4時)が44%(4)金・土・日の週末で57%――などが挙げられる。
 ■「飲みたくて」
 一方、同課が行った検挙者へのアンケート調査の結果からは、県民の飲酒運転に対する認識の低さが浮き彫りになった。
 飲酒理由の1位は「飲みたくて飲んだ」(32%)で、直接の運転理由の1位が「気を付ければ大丈夫」(25%)。さらに、検挙されないと思った理由の1位が「ここで取り締まりをしたことがないから」(21%)など、身勝手な理由が多い。
 ■飲酒運転厳罰化
 こうした中、改正道交法では、酒酔い運転(飲酒により正常な運転ができないおそれがある状態で運転)、酒気帯び運転(体内のアルコール濃度が呼気1リットルあたり0・15ミリグラム以上ある状態で運転)ともに、ドライバーに対する罰則が強化された。
 また、飲酒運転をそそのかしたり、車両や酒類を提供する行為は、いままでは刑法で取り締まってきたが、今後は道交法で禁止し、厳罰化される。
 山田邦忠・県警交通部長は「県内ではまだまだ飲酒運転が横行している。法の厳罰化も踏まえ、取り締まりをさらに強めていかなければならない」と話している。
………………………………………………………………………………………………………
 ◇県内の飲酒運転検挙者に対するアンケート調査結果◇
 【飲酒理由】
(1)飲みたくて    32%
(2)晩酌・寝酒・食事 15%

(3)友達と会って   13%
 【飲酒運転した理由】
(1)気を付ければ大丈夫だと思った            25%
(2)捕まらなければ(事故を起こさなければ)いいと思った 17%
(3)目的地まで近かった(または極端に遠かった)から   16%
 【検挙されないと思った理由】
(1)その場所で取り締まりをしていたことがないから 21%
(2)裏通りなら大丈夫だと思った          17%
(3)時間が早いから大丈夫だと思った        16%
 ※07年7〜8月、県警交通指導課まとめ。対象・200人
………………………………………………………………………………………………………
 ◇改正道路交通法でこう変わる(抜粋)
          改正前                  改正後
飲酒運転(酒酔い)3年以下の懲役または罰金50万円以下   5年以下の懲役または罰金100万円以下
 同(酒気帯び) 1年以下の懲役または罰金30万円以下   3年以下の懲役または罰金50万円以下
車両提供(酒酔い)1年6月以下の懲役または罰金25万円以下 5年以下の懲役または罰金100万円以下
 同(酒気帯び) 6月以下の懲役または罰金15万円以下   3年以下の懲役または罰金50万円以下
酒類提供(酒酔い)1年6月以下の懲役または罰金25万円以下 3年以下の懲役または罰金50万円以下
 同(酒気帯び) 6月以下の懲役または罰金15万円以下   2年以下の懲役または罰金30万円以下
同乗(酒酔い)  1年6月以下の懲役または罰金25万円以下 3年以下の懲役または罰金50万円以下
 同(酒気帯び) 6月以下の懲役または罰金15万円以下   2年以下の懲役または罰金30万円以下
呼気検査拒否   罰金30万円以下             3月以下の懲役または罰金50万円以下
救護義務違反   5年以下の懲役または罰金50万円以下   10年以下の懲役または罰金100万円以下
(ひき逃げ)

9月18日朝刊
最終更新:9月18日11時1分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070918-00000028-mailo-l02

亡くなった3児の父、「ブレーキ踏んでない」と反論
◆「なぜ見捨て去った」初めて出廷の父、悲憤の訴え

飲酒運転 酒を勧めても同乗しても懲役刑(9月12日付・読売社説)

1. 道路交通法 http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S35/S35HO105.html

2. 免許が変わる?道路交通法改正 http://pokori.com/

3. 道路交通法が一部改正されました http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kotu/doukou/doukou.htm

4. 道路交通法 http://www.houko.com/00/01/S35/105.HTM

5. 道路交通法施行令 http://www.houko.com/00/02/S35/270.HTM

6. 飲酒運転防止ガイド http://www.inshuunten.com/


posted by ぴかまま at 05:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 酒井法子
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。