2007年09月19日

大雨1人死亡3人不明 東北北部中心に被害

大雨1人死亡3人不明 東北北部中心に被害9月19日6時12分配信 河北新報


 活発化した前線と台風11号の影響で大雨に見舞われた東北地方は18日、北部を中心に被害が拡大した。秋田県で1人が死亡したほか、岩手県で2人、秋田県で1人が行方不明となっている。青森、宮城を含めた4県で3万3000人以上に避難指示・避難勧告が出され、冠水被害も広がった。

 北秋田署によると、秋田県北秋田市内の避難所で同市根田の無職金勇三郎さん(87)が18日午前零時半ごろ、心筋梗塞(こうそく)とみられる症状で死亡した。

 増水した同市の阿仁川で17日夜にワンボックスカーが流された事故では、運転していた女性が行方不明となった。北秋田署に同日午後10時半ごろ、同市阿仁小渕、無職菊地幸子さん(57)の家族から、菊地さんが午後6時ごろに車で出掛けて行方不明になったと届け出があり、県警は事故との関連を調べている。

 岩手県紫波町南日詰では18日午前3時50分ごろ、町道を走行中のバイクが北上川からあふれた濁流に流されたと住民から町役場に通報があった。運転していたとみられる花巻市石鳥谷町の新聞配達員小野寺公雄さん(64)が行方不明になったが、捜索は午後4時でいったん打ち切られた。

 午後6時20分ごろには、盛岡市玉山区藪川、農業石川正一さん(59)が近くの外山川に出掛けたまま戻らないと近所の人から119番があった。盛岡東署は、増水した川に流された可能性があるとみている。

 建物被害は大館市で住宅1棟が一部損壊し、秋田、岩手両県内で合わせて97棟が床上浸水、486棟が床下浸水した。大館市などの養鶏場で1万3000羽余りの「比内地鶏」が死んだほか、奥州市や北上市などで水田、果樹園の冠水被害も出ている。

 仙台管区気象台などによると、降り始め(15日午後7時)から18日午後6時時までの雨量は、花巻市豊沢300ミリ、仙北市鎧畑289ミリ、青森県新郷村戸来213ミリなど。気象台は引き続き、土砂災害や河川の増水などに警戒を呼び掛けている。

最終更新:9月19日6時12分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070919-00000001-khk-soci

東北地方北部で大雨、3県で2万8000人に避難勧告


posted by ぴかまま at 07:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 天気・気象
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。