2007年09月21日

小池徹平がTVドラマ初主演!全盲歌手・新垣勉氏の半生を熱演

小池徹平がTVドラマ初主演!全盲歌手・新垣勉氏の半生を熱演
16:53 エンタメ‐テレビニュース:イザ!

人気デュオ、WaTの小池徹平(21)がフジテレビ系スペシャルドラマまだ見ぬ父へ、母へ・魂で歌う青い海〜全盲のテノール歌手・新垣勉の奇跡」(12月放送)でドラマ初主演することが20日、分かった。

 沖縄米軍兵の父と日本人の母の間に生まれ、生後間もなく事故で全盲になったテノール歌手で牧師、新垣勉氏(54)の半生を描いた作品。

 14歳から42歳までの約30年間を演じる小池は、「全盲の方の役も、これだけの年代の幅を演じるのも初めて。それぞれの年代で気持ちを切り替えて演じたい」と、7月中旬からの沖縄ロケに臨んだ。

 テノールの発声法にも挑戦するなど難役だったが、「役者として成長できる作品だし、一つの壁になる作品。高い壁があればあるほど燃える。演技でも音楽でも今はたくさん吸収する“スポンジの季節”だと思います」と初主演作に自信をみせている。

 共演はいしだあゆみ(59)、麻生祐未(43)、中尾明慶(19)ら。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/85912/

小池 徹平こいけ てっぺい)1986年生まれ・俳優、歌手、シンガーソングライター。ウエンツ瑛士とのデュオ「WaT」のメンバー
2001年第14回「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でグランプリ受賞(当時15歳)。
2002年 ウエンツ瑛士とデュオを組み、路上ライブを始める。
ドラマ『天体観測』で俳優デビュー。
2005年 11月に「WaT」としてシングル『僕のキモチ』でメジャーデビュー。 『誰がために』で映画初出演。
2006年
映画『ラブ★コン』で初主演。
2007年
2月14日にシングル『君に贈る歌』でソロデビュー。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



posted by ぴかまま at 19:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。