2007年09月27日

京都が15歳選手2人をトップ昇格へ

京都が15歳選手2人をトップ昇格へ
9月26日9時43分配信 日刊スポーツ


 京都が15歳の逸材2人を来季から“飛び級”でトップチームに昇格させる方針であることが分かった。下部組織のU−15(15歳以下)に所属するFW宮吉拓実とMF伊藤優汰で、加藤久総監督(常務取締役専務)は「2人はすでにトップでやれる感覚がある」とユースも飛び越え、トップに合流させて英才教育させる。宮吉は今春の鹿児島キャンプでも練習参加。京都が8年ぶりに優勝した8月の日本クラブユース選手権(U−15)で得点王&MVPを獲得した。今冬には、業務提携したフランス2部グルノーブルへの短期留学も検討中で、来季中のプロ契約も視野に入れている。

最終更新:9月26日9時43分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070926-00000031-nks-socc


posted by ぴかまま at 02:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ(サッカー)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。