2007年09月27日

時津風親方、廃業避けられず…「かわいがり」過ぎツケ

時津風親方、廃業避けられず…「かわいがり」過ぎツケ
9月27日17時2分配信 夕刊フジ

 名古屋場所前の稽古中に急死した元序ノ口力士、時太山=当時(17)、本名・斉藤俊=が、時津風親方(57、元小結双津竜)や兄弟子からビール瓶や金属バットで殴った集団リンチ事件は、親方や兄弟子の廃業といった前代未聞の事態も避けられない情勢となっている。だが、名門部屋の継承者から容疑者に転落する可能性もある親方の評判は、決して悪くはなかった。

 兄弟子とともに激しい暴行の事実を認めた時津風親方は、不世出の名横綱・双葉山が興した時津風一門を率いる大親方として各界に君臨。現役時代は「ぞうさん」の愛称で、体重170キロの巨体と、おっとりした性格が親しまれていた。

 その人柄やまじめさは角界でも定評があり、部屋付き年寄りに過ぎなかった2002年、先代時津風親方の定年に際し、直々に後継指名されたという逸話を持つ。

 近隣住民の評判もすこぶる良く、近所の自営業男性(56)は「とてもそんなトラブルを起こす性格とは思えない。朝青龍が出げいこで、所属する豊ノ島をブン投げたときも、『若手を壊して恐怖感を与えることしか考えていない』と激怒したほど力士思いだよ。何とかモノにしたという思いが裏目に出てしまったのでは」と同情した。

 時津風部屋が入るマンションの上層階に住む主婦(44)も「非常に温厚な方。よく娘さんたちと一緒に犬の散歩に出かけていますし、会えば必ずあいさつしてくれます。ビール瓶で人を殴るなんて想像できません」と語った。

 一方で、時津風部屋に近い関係者は「どんな“事情”があったにせよ、あれは、逃げ出した弟子を力ずくで連れ戻した揚げ句のリンチ殺人」と一喝する。時太山は何度か脱出を試みたことがあったが、「一般的に“かわいがり”などの荒けいこは『しごき役』と『褒め役』がいるが、時津風の場合、徹底的にシゴきあげた揚げ句、誰もフォローしなかった。たった1人の序の口力士だった時太山が、11人もの先輩力士を相手にするはしんどすぎた」とし、指導上の問題を厳しく指摘した。

 親方らが正式に立件された場合、協会にとって朝青龍騒動など比にならない大激震となるのは必至。ある相撲ジャーナリストは「朝青龍にあれだけ厳しい処分を下した手前、中途半端な処罰で済ますことはできない。簡単には結論は出ないが、部屋の閉鎖はありえないでしょう。ただ、親方や暴行を加えた兄弟子は、逮捕の時点で即廃業。部屋は、一門の中で引き継がれるのでは」とみる。

 容疑が明らかになった26日、時津風親方と話したという別の関係者によれば、「かなり落ち込んでいた。信念をもって指導し、せっかく一生懸命部屋を守ってきたのに、こんなことになってしまい、すべての関係者に本当に申し訳ない」と憔悴(しょうすい)しきっていたという。

 激しいけいこで鍛え上げるのが角界の常識とはいえ、死亡直後の愛知県警の聴取に「通常のけいこ」とウソをついたうえ、ビール瓶が砕け散るほど、力任せに殴りつけていた時津風親方の蛮行は、やはり許されるものではない。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070927-00000010-ykf-spo


タグ:時津風親方
posted by ぴかまま at 19:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。