2007年09月27日

時津風親方ら立件へ 力士暴行死 09/26 11:10

時津風親方ら立件へ 力士暴行死
09/26 11:10 事件ニュース:イザ!
 大相撲の時津風部屋の序ノ口力士、時太山=当時(17)、本名斉藤俊さん=が6月、愛知県犬山市でけいこ後に急死した問題で、県警捜査1課と犬山署は26日、制裁目的の暴行で時太山を死亡させた傷害致死事件として、時津風親方(元小結双津竜)と部屋の兄弟子ら数人を立件する方針を固めた。

 死因を詳しく特定するため遺体の組織片の鑑定が進められており、その結果とそれぞれの暴行の関与によって、傷害致死や傷害容疑の適用を検討している。

 調べでは、時津風部屋の兄弟子らは名古屋場所前の6月26日午前11時ごろ、犬山市に設けたけいこ場で、時太山に暴行を加え、同日午後2時10分ごろ、搬送先の病院で死亡させた疑いが持たれている。時津風親方は暴行を指示したとみられている。

 時太山は今年5月に入門。部屋から逃げたりすることがあり、死亡前日の25日には逃走後に連れ戻され、時津風親方や兄弟子らが暴行。死亡当日のけいこでは、力士3、4人との約30分間のぶつかりげいこが続けられ、時太山が倒れても、けるなどの暴行が加えられたという。

 県警は時太山が多発外傷性ショックで死亡したとみて、時津風親方や部屋の全力士から事情を聴いていた。26日の暴行当時、時天空、豊ノ島ら十両以上の力士は不在だったという。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/86737/




posted by ぴかまま at 19:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。