2007年09月28日

小栗旬、山田孝之に「本当に殴られた」

小栗旬、山田孝之に「本当に殴られた」 

漫画家・高橋ヒロシ氏の代表作を映画化した「クローズZERO」(三池崇史監督)の完成披露試写が26日、都内で行われ、主演の小栗旬(24)、山田孝之(23)らが舞台あいさつした。

 “不良高校生”を演じた小栗と山田は、けんかシーンでは本気モード。「ボクは本当に山田君に殴られました」という小栗に、山田は「顔以外はある程度、(パンチなどを)入れていこうと。その方が痛い顔もできるんで」と涼しい顔。10月29日公開。

(2007年9月26日23時21分 スポーツ報知)
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20070926-OHT1T00227.htm

小栗コナン再び!見納め!?25歳制服姿


★映画クローズZERO
高橋ヒロシによる漫画作品『クローズ』を原作とした映画。
『クローズ』「月刊少年チャンピオン」に連載された。現在は『WORST』が続編として連載されている。全26巻。

クローズ ZERO』監督は三池崇史。プロデューサーは、映画『あずみ』などを手がけた山本又一朗。2007年10月27日ロードショー

内容は鈴蘭の歴史にまつわるオリジナルストーリーで、新キャラや黒木メイサ演じる女性キャラクターも登場。

主要キャスト:小栗旬(主演)、やべきょうすけ、黒木メイサ、高岡蒼甫、遠藤憲一、岸谷五朗、山田孝之。関西地区をメインに撮影。

クローズ ZERO http://crows-zero.jp/

映画「クローズ ZERO」公式ブログ http://ameblo.jp/crows-zero/



山田 孝之(やまだ たかゆき)1983年生まれ・鹿児島県出身
中学卒業後に芸能界入り。NHK『六番目の小夜子』で知名度を上げ、NHK『ちゅらさん』主人公の弟・古波蔵恵達役、フジテレビ『ウォーターボーイズ』主人公・進藤勘九郎役、『FIRE BOYS 〜め組の大吾〜』主人公・朝比奈大吾役などで好演し注目される。 
『世界の中心で、愛をさけぶ』では、優しく純粋な主人公・松本朔太郎役を好演し、雑誌『ザテレビジョン』のドラマアカデミー賞(2004年夏クール)で主演男優賞を初受賞。
2005年には『電車男』(監督・村上正典)で映画初主演を果たした。
山田孝之に、生後4カ月の子供がいることがスポーツニッポンにて報じられ、その後山田本人が公式サイトにおいて、「女性とは2年前から交際していた。妊娠を知り、結婚、出産について話し合いを重ねたが自分が父親になり、家庭を持ち、役者を続けていくこと、自分自身の中で折り合いがつかなかった」として、子供の存在を認め、また子供の母親とは結婚せずに養育費・生活費を母親側に負担することで相手側家族とも合意したと発表した出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』・


posted by ぴかまま at 07:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小栗旬
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。