2007年09月28日

多岐川華子、映画初主演!来夏公開「初恋・夏の記憶」

多岐川華子、映画初主演!来夏公開「初恋・夏の記憶」

ブドウ園でまどろむシーンの撮影に臨む多岐川華子

 女優の多岐川華子(19)が、来夏公開の映画「初恋・夏の記憶」(野伏翔監督)で、単独初主演を務めることが27日、分かった。

 ロシアの文豪ツルゲーネフの「初恋」を現代日本版にアレンジした作品で、自分に恋心を寄せる少年(山田健太)をほんろうする17歳の少女・梨生を演じる。売却寸前のブドウ園の娘という設定で、このほど撮影が行われている山梨で取材に応じ「小悪魔的で、難しいけど身近に感じる役。喜怒哀楽の激しいところを見てほしい」と語った。

 ロケは山梨が中心だが、栃木で3トンもの水を用意し、雨に打たれて泣き叫ぶシーンを撮影。約1000人の中から、主演に華子を選んだ野伏監督は「10代で貴族のイメージがあり、役に必要な孤独感も出せる。演技の理解も早く、彼女で正解でした」と絶賛。

 母で先輩女優の多岐川裕美(56)について、娘は「母を超えたい? まだまだ友達感覚ですね。早く私が成長して刺激し合えるようになりたい」と話した。5月に父・阿知波信介さん(享年67歳)を亡くしたことについても「この年で(父の死を)経験したことで、演技の幅が広がるのではないかと思う。マイナスにはしたくない。母と『2人で仲良くやっていこう』と話しています」と初めて語った。くしくも父を亡くす役柄で、女優として大きなステップを駆け上がる。

 ◆多岐川 華子たきがわ・はなこ)1988年9月16日、神奈川・川崎市生まれ。19歳。中学校では体操部に所属。バラエティー「踊る!さんま御殿!」やドラマ「水戸黄門」など幅広くテレビ出演し、昨年10月公開の映画「旅の贈りもの―0:00発」では櫻井淳子とダブル主演を務めた。現在、SANKYO「フィーバー創聖のアクエリオン」のCMに出演中。161センチ、43キロ。スリーサイズはB80・W58・H87センチ。血液型A。

(2007年9月28日06時03分 スポーツ報知)
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20070928-OHT1T00075.htm


posted by ぴかまま at 20:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。