2007年10月01日

福山雅治&柴咲コウ新ユニット結成

福山雅治&柴咲コウ新ユニット結成
10月1日9時45分配信 日刊スポーツ


 歌手福山雅治(38)と女優柴咲コウ(26)が新ユニットを結成することが9月30日、分かった。

ユニットのプロジェクト名は「KOH+(コープラス)」。

福山がプロデュース、作詞・作曲を手掛け、柴咲がボーカルを務める。シングル「KISSして」は2人が共演するフジテレビ系連続ドラマガリレオ」(15日スタート、月曜午後9時)の主題歌に決まった。ドラマの主人公とヒロインのコラボレーションによる異色主題歌として話題を集めそうだ。
 
福山はプロジェクト名「KOH+」の由来を「柴咲さんが参加してくれましたから。その響きから選んだんです」と説明する。「KISSして」はメーンボーカルを柴咲が務め、福山もギター演奏とバックコーラスで参加している。シンガー・ソングライターとしてトップクラスの人気とセールスを誇る福山と、歌手としても歌唱力や表現力が高評価されている柴咲の2人だからこそ実現したコラボレーション。柴咲は「『福山ワールド』に乗っけてもらった形でしたが、レコーディングでも気負わずやらせてもらい、とても歌いやすかった。福山さんの色に染められました」と話している。
 「KISSして」は丁寧な音作りを心掛ける福山のギターサウンドが心地よく響くアップテンポの明るい曲。作曲に加え、編曲も手掛けた。「サウンドも僕としては新しいものにチャレンジしたつもりです」。歌詞は柴咲が演じるヒロインのイメージでつづった。「真っ直ぐ過ぎるゆえにぶつかりやすいけど、一生懸命なところが、支えてあげたくなるような、そんな女の子がイメージです」。殺人事件を解決する天才物理学者を演じることもあり、歌詞に「方程式」「力学」などの言葉を織り交ぜる遊び心もみせている。
 意欲は主題歌だけにとどまらない。ドラマのサウンドトラックにも手腕をふるった。劇中に流れるインストゥルメンタルのテーマ曲2曲を作曲した。「歌じゃないので制約が何もなく面白かった」と言う。「KISSして」は着うたとしてドラマ初回放送日の15日に先行配信され、シングルCDは11月21日の発売。サントラ盤も同日に発売する。

最終更新:10月1日9時45分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071001-00000031-nks-ent

“月9の福山”がCMでお先に登場


posted by ぴかまま at 17:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福山雅治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。