2007年10月09日

“エリカ様騒動”で行定監督謝罪

“エリカ様騒動”で行定監督謝罪10月7日7時4分配信 スポーツニッポン


 韓国釜山市で開催中の第12回釜山国際映画祭で6日、話題の映画「クローズド・ノート」が特別招待作品として上映された。主演女優の沢尻エリカ(21)が先月29日の公開初日あいさつで不機嫌な態度をとり、騒動に発展。予定されていた映画祭への来場をドタキャン。上映前に会見した行定勲監督(39)は「なぜ不機嫌だったか分からないが、お客さんには申し訳なかった」と話した。

 「きょうはありがとう」「特にないです」「別に」――映画監督にとっては誕生日にあたる公開初日に、主演女優が3言しか話さないという異例の事態に、行定監督が初めて胸中を語った。

 「なぜ不機嫌な態度になったのか、当日のことは分かりません。直前まで全国津々浦々のキャンペーンを一緒にやって、同じことを何度も話してくれていたのに」と行定監督。

 開幕前日の3日に釜山入りしたため、社会的にも大きな注目を集めた“エリカ様騒動”については「こっちに来てしまったので」と詳細は知らない様子。それでも、マスコミでタイトルだけが1人歩きしてしまったことに「映画がかわいそう」と話した。また「公開初日の、それも朝一番の回に見に来てくれたお客さんには本当に申し訳なかった」と謝罪の言葉を口にした。

 沢尻は公式ホームページで「諸悪の根源は私」などと謝り、長期謹慎まで取りざたされている。それでも行定監督は「女優としての沢尻への評価は変わりません」と明言。「作品によっては」と、また起用したい考えも明かした。

 この日夜、行定監督は、5000人収容の野外劇場での上映前に舞台あいさつ。当初は沢尻も出席予定だったが「壇上に1人で出るのはドキドキする」と、急きょ臼井央(ひさし)プロデューサーが登壇した。

 ≪“相思相愛”対談≫行定監督は「世界の中心で、愛をさけぶ」などで韓国でも大人気。この日は「ぜひお会いしたい」とラブコールを送られた韓国人気女優ペ・ドゥナ(27)と対談。監督自身もドゥナの大ファンといい「日本で主婦役をやってもらいたい」と出演依頼。「クローズド…」を見たというドゥナは「女優さんが愛らしくて美しかった」と沢尻、竹内結子(27)を褒めた。

最終更新:10月7日7時4分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071007-00000046-spn-ent

(10/09)たむけん暴露!不機嫌沢尻in大阪
(10/07)アッコ「殴ったろか」 エリカ様への怒り再燃


posted by ぴかまま at 03:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 沢尻エリカ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。