2007年10月13日

建築家の黒川紀章氏が死去

建築家の黒川紀章氏が死去
10月13日1時50分配信 読売新聞


 世界的な建築家として知られる文化功労者、日本芸術院会員の黒川紀章くろかわ・きしょう)さんが12日午前8時42分、入院中の東京女子医科大学病院(東京都新宿区)で、心不全のため死亡した。

 73歳だった。体調を崩し、9日から同病院に入院していた。告別式は親族で営む予定。妻は、女優の若尾文子さん。

 名古屋市生まれで、京大建築学科を経て東大大学院に進み、建築家丹下健三氏の研究室で学んだ。大学院時代の1960年に「メタボリズム(新陳代謝)」グループを結成。都市を新陳代謝によって生成する有機体ととらえ、増築や一部取り換え可能な建築を提案し、70年の大阪万博でカプセル住宅を発表した。

最終更新:10月13日1時50分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071012-00000012-yom-soci


posted by ぴかまま at 03:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。