2007年10月15日

赤西、大人になった…「有閑倶楽部」で初主演

赤西、大人になった…「有閑倶楽部」で初主演 
KAT−TUN赤西仁(23)が単独初主演する日テレ系ドラマ有閑倶楽部」(16日スタート、火曜・後10時)の制作発表が14日、東京・汐留の同局で行われ、赤西はじめ出演者が顔をそろえた。

2年4か月ぶりの連ドラで初の大役にもリラックスした赤西は「(超セレブな役柄に)僕と違うのは金持ちってとこだけ」「萌(も)え〜」などリップサービス全開。「あまりいい子じゃなかった」と自身の学生時代も明かし、ちょっぴりオトナになった部分を印象づけた。

 赤西は劇中で着るブレザーの制服で登場。外見は子供っぽい印象を与えても、中身はしっかり大人の階段を上っていたようだ。

 「原作の人物にそっくりですね」とヨイショする記者に対し、「僕、似てますかね?」。一度はかみつき、沢尻エリカ以上の“殺気”を漂わせたが、すぐに「僕も似てると思ったんですよ〜」と調子よく合わせた。会見場は笑いに包まれ、赤西の隣にいたジャニーズ事務所の先輩で関ジャニ∞の横山裕(26)も「大人になったなぁ」と目を細めた。

 05年4月期の同局系「anego」以来の連ドラで、初主演にも「あまり意識せず、みんなと楽しんでできたらいい」とチームワークを強調した赤西。昨年10月、グループの人気絶頂時に突然、活動休止を発表し、語学留学にわたった“個人プレー”の面影はなかった。

 物語は一条ゆかりさんの人気コミックが原作。超セレブな学園の生徒会「有閑倶楽部」が事件、難題を解決していく痛快コメディーだ。警視総監のひとり息子・松竹梅魅録役の赤西は「僕と違うところは金持ちってとこだけです」と、もうひと笑い。「これから着る婦人警官やナースの制服も楽しみ」という香椎由宇(20)の言葉には、すかさず「萌え〜!」と歓声をあげた。

 また、男友達と公園でつるんだり、少ない小遣いで駄菓子屋に行ったり「あまりいい子じゃなかった。お金を使わないでボーッとしてるのが楽しかった」とバラ色ではなかった?自らの学生時代も告白した。

 学ランだったため「お金持ちのようであこがれていた」というブレザーを“戦闘服”に10人、20人となぎ倒すアクションが今作の見せ場。05年1月期の同局系「ごくせん」以来となる格闘シーンに「体が衰えてなくて、安心しております。自分で見てスッキリしました」。やっぱり赤西にはやんちゃな顔が似合っている。
(2007年10月15日06時04分 スポーツ報知)
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20071015-OHT1T00084.htm

赤西仁さん(有閑倶楽部)インタビュー記事10/5赤西、連ドラ単独初主演 KAT―TUN復帰半年で早くも大役
KAT−TUNの赤西仁、芸能活動再開へ


posted by ぴかまま at 07:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 有閑倶楽部★赤西仁
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。