2007年10月18日

よっすぃ〜先生が挫折経験を語る

よっすぃ〜先生が挫折経験を語る10月17日9時42分配信 日刊スポーツ


 元モーニング娘。のリーダー吉沢ひとみ(22)が16日、都内で小学生45人に授業を行い、モー娘時代に「アイドルに向いていないのかな」と悩んでいたことを初告白した。救ってくれたのが、お笑いコントとフットサルとの出会いだった。自分の挫折体験をあえて披露することで「挫折や失敗があるのが人生だ」と、子供たちに伝えたかったという。
 45人の真剣なまなざしが見詰める中、よっすぃ〜先生は封印していた挫折体験を話しだした。「モー娘時代に自分の個性を出せなくて、ダンスもうまくいかなくて…、アイドルになじめなかった。向いていないのかなと悩んでいました。それを救ってくれたのがお笑いコントとフットサルでした」。
 この日は、日本サッカー協会が推進する「こころのプロジェクト」の一環で、小学5、6年生を相手に授業を行った。体育館でともに汗を流した後、夢をテーマにした授業を実施。「挫折や失敗があるのが人生だと分かって欲しかった」と、22年の人生で経験した挫折を2つ披露した。
 1つはスポーツ推薦で名門中学に入学した腕前のバレーボールを途中でやめてしまったこと。「人間関係の壁、先輩の方が上手なこと、先輩後輩の上下関係が厳しかった」。新たな目標が見つからず、もんもんとしていた時期に、モー娘のオーディションを知り、「これかなとビビッときて」飛び付いたら無事に合格できた。
 だが、トップアイドルとして周囲がうらやむ環境にいながら「本当にこの道で良いのか」と人知れず悩み続けたという。ダンスがうまくいかず、メンバーの中で個性を発揮できない。そんな自分を救ってくれたのがコントだった。「小さいころから人を笑わせるのが好き。少しずつ自分の個性を出せるようになっていった」。
 そして、フットサルに熱中することで、バレーを捨てた過去を癒やせたという。「自分は1度夢をあきらめたから、もう逃げないように頑張ってきたんです。そしてこれからも頑張ります」。20分もオーバーする熱弁で、夢を追う大切さを何度も訴えた。

最終更新:10月17日9時42分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071017-00000033-nks-ent


posted by ぴかまま at 02:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。