2007年10月12日

「赤福」冷凍して再包装

「赤福」冷凍して再包装

製造日、最長2週間偽装…30年前から
 創業300年の和菓子の老舗「赤福」(本社・三重県伊勢市)による製造日の偽装表示問題で、農林水産省は12日、同社に対し、日本農林規格(JAS)法に基づき、不適正表示の改善や再発防止策の提出などを指示した。

 同社は、製造日に出荷しなかった商品を冷凍保存し、解凍して包装し直した日を製造日として出荷していた。不適正表示で販売された商品は2004年9月からの3年間で約605万箱に上り、総出荷量の18%にあたるという。
 農水省によると、同社は看板商品の「赤福餅(もち)」について、包装済みの商品を直接、本社工場内の冷凍庫に運んだり、配送車で東海地方の販売店舗を回った後に残った商品を持ち帰ったりして冷凍保存。その後、「まき直し」と称して注文数などに応じて解凍し、再包装した日を製造年月日と表示する行為を繰り返していた。

 赤福餅の消費期限は、夏場が製造日を含め2日、冬場が3日となっている。同社はホームページで「製造したその日限りでの販売としています」などと紹介していた。しかし、実際には最大で2週間冷凍した後に解凍し、再包装したケースもあった。農水省の調査に対し同社は、「まき直し」と呼ばれる行為は1973年から行っていたと説明しているという。

 配送車に積んだ商品を工場内に持ち帰り、冷凍保存する行為は、今年1月下旬にやめていたという。農水省は、大手菓子メーカー「不二家」の期限切れ原料使用が問題化した時期と一致しているため、赤福側が悪質性を認識していた可能性があるとみて調べている。

 また、JAS法は原材料名について使用した重量順に表示するよう定めており、本来は「砂糖、小豆、もち米」としなければならないのに、少なくとも2000年3月以降、「小豆、もち米、砂糖」と表示し続けていた。

 若林農相は12日の閣議後記者会見で、「信用度の高い老舗のメーカーでこのようなことがあったのは、大変重大なことだと受け止めている」と述べた。

 赤福は読売新聞の取材に対し、「農水省の判断の内容をみて、今後の対応を検討し、会見などできちんと説明をしていきたい」としている。

 赤福 1707年創業で今年300周年を迎えた老舗和菓子メーカー。年間売上高は84億4500万円。主力商品の「赤福餅」は伊勢名物として全国的に有名。商品名は、真心を尽くすことで他人の幸せを喜ぶという意味の「赤心慶福」から名付けられた。

赤福、販売自粛相次ぐ 製造日偽装で、キヨスクなど
 和菓子の老舗「赤福」が自社商品の製造年月日などを偽って表示、販売していたとして農林水産省などの立ち入り調査を受けた問題で、三重県伊勢市の赤福本社には12日朝、全国の百貨店や販売店などから「赤福餅(もち)の販売を自粛する」との連絡が相次いだ。JR名古屋駅構内に31店舗の土産物店がある東海キヨスクは、全店舗で販売を中止した。

 同市の本店や直営店は午前11時から店を閉めた。本店正面には「お詫(わ)び」として「諸般の事情により、当面の間、臨時休業させていただきます」との紙が張られた。

 同社の村田正勝顧客・デザイン課長は、報道陣に対し、農水省と保健所から立ち入り調査があったことを認めたが、偽装表示については「結論が出ていないので、現時点では申し上げられない」と話すにとどまった。

(2007年10月12日 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/gourmet/news/20071012gr0a.htm?from=goo


タグ:赤福
posted by ぴかまま at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。