2007年10月22日

美恵子さん泥沼不倫…青木堅治「週刊現代」で告白

美恵子さん泥沼不倫…青木堅治「週刊現代」で告白
報道陣に囲まれ、美恵子さんとの不倫関係を認めた青木堅治

 2日に元横綱・3代目若乃花で実業家の花田勝氏(36)と離婚した美恵子さん(38)に、11歳年下の俳優・青木堅治(27)との不倫疑惑が21日、浮上した。22日発売の「週刊現代」が報じている。この日、川崎市でイベントに出演した青木は、週刊誌の報道を認めた上に「(美恵子さんは)優しくて、いい人でした」と3年前から約半年間、不倫関係にあったことを改めて告白した。美恵子さんは“泥沼不倫”を否定している。

 青木は「週刊現代」で美恵子さんとの関係を告白。同誌によると4年前に共通の友人を介して知り合い、青木の告白に美恵子さんが「私みたいのでいいの」とOKし3年前から半年ほど交際。毎晩のメールや電話、食事などのデートに、肉体関係もあったとしている。

 さらに金銭トラブルも。2人が出会った当時、恋人だった巨乳タレントAから200万円を借りていた青木に対し、美恵子さんがAとの“手切れ金”数百万円を渡したという。美恵子さんと別れた後、度重なる催促を受けたという青木は全額返済し、最近は連絡を取り合っていないという。

 青木はこの日、所属する4人組ユニット「JACKJACK」として、川崎駅周辺でハロウィン・イベントに出演。ライブ後、美恵子さんとの関係を問う報道陣を猛ダッシュで振り切り、一度は控室へ。しばらくして、再び報道陣の前に姿を現すと、硬い表情で「(不倫関係にあったのは)事実です。お騒がせして申し訳ございません」と深々と頭を下げた。「優しくて、いい人でしたから」と美恵子さんの魅力にひかれ、禁断の愛に至ったことを明かした。

 同誌の取材は美恵子さんが離婚した数日後に申し込まれたといい、青木は「正直に答えただけです」と“事実”を認めた。所属事務所社長(31)は「金銭トラブルもあって、整理をつけたかったんでしょう」と心中を察した。

 同夜には、青木はブログで「過去の事とはいえ、自分のとった行動は軽率だったと深く反省してます。これからは、自分の行動に責任を持ってこの様な事は二度と無いようにして行きたいと思います」とつづっている。

 本人は否定 女性誌では離婚原因に関し、勝氏の女性問題を挙げていた美恵子さんは、同誌に対し「(青木は)ただの知人です。一線を越えた付き合いではありません」と説明し、金銭問題も否定している。

 ◆ほかに2人と関係 「週刊現代」では、青木のほかにも俳優の伊藤英明(32)、民放テレビ局のスポーツ担当部署に所属するY氏と親しくしていた美恵子さんの盛んな男性関係を報じている。伊藤とは東京・六本木のゲイバーで、周囲にキスを見せつけるラブラブぶりで、Y氏とも都内のバーで一緒にいる姿を目撃されていたという。美恵子さんは2人についても「お友達」を強調していたという。

(2007年10月22日06時00分 スポーツ報知)
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20071022-OHT1T00041.htm


青木 堅治(あおき けんじ、1980年2月15日 - )は、日本の俳優。

東京都出身。

血液型はA型。身長174cm。

1997年に、フジテレビの『ナースな探偵』で俳優デビュー。

2006年6月からは篠田光亮・根本正勝・加藤良輔とともにJACKJACKとしても活動している。

2007年10月 週刊現代で花田美恵子さんと不倫関係にあったと告白した売名野郎。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』




posted by ぴかまま at 06:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。