2007年10月26日

モーターショー メーカー各社、最新の環境技術車競う

モーターショー メーカー各社、最新の環境技術車競う
10月25日9時58分配信 毎日新聞


 千葉市の幕張メッセで24日、報道陣向けに公開された第40回東京モーターショー日本自動車工業会主催)は、地球温暖化問題やガソリン価格の高騰を背景に、自動車メーカー各社が最新の環境技術車を競う場になった。

需要低迷に悩む国内メーカーは、車離れが指摘される若者を引きつけようと、スポーツカーなどでも趣向を凝らしている。一般公開は27日から11月11日まで。【森有正】

 温暖化問題が深刻化する中、欧州では二酸化炭素(CO2)の排出規制が強化されるなど自動車各社は環境対応を迫られている。今回のモーターショーでは、ガソリンと電気モーターを併用するハイブリッド車や電気自動車、ディーゼル車など多彩な環境対応車が発表され、各社の戦略の違いが浮かび上がった。
 ハイブリッド市場をリードするトヨタ自動車は、「プリウス」を進化させた試作車「1/X」(エックス分の1)を発表。炭素繊維強化プラスチックを使い重量はプリウスの3分の1で、排気量は500CCと軽自動車より小さく燃費効率は2倍に向上させた。
 三菱自動車は、究極のエコカーである電気自動車「i−MiEV」(アイミーブ)を出展し、益子修社長は10年に予定していた商品化を前倒しする考えを表明。ホンダの福井威夫社長は、09年にハイブリッド専用車を国内市場に投入する方針を明らかにした。
 ドイツのダイムラーは得意のディーゼルエンジンに電気モーターを併用したハイブリッド車を出展。ディーゼル車はガソリン車に比べてCO2排出量が少なく、ツェッチェ社長はクリーンディーゼル車の普及を目指す考えを示した。一方、独BMWは同社初となるガソリンエンジンと電気モーターを組み合わせたハイブリッド車「コンセプトX6アクティブ・ハイブリッド」を投入。アジア・太平洋本部のデービット・パントン本部長は「市場に適した技術開発が必要だ」と、ディーゼルのイメージが今ひとつの日本市場を意識して開発を進める意向を明らかにした。
 車離れに歯止めをかけようと、国内メーカーでは若者をターゲットにした車も目立つ。富士重工業は主力の「インプレッサ」にスポーツタイプを追加設定、車好きを刺激する狙いだ。三菱自動車もコンパクトなSUV(スポーツタイプ多目的車)「コンセプトcX」を出展した。

最終更新:10月25日9時58分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071025-00000003-maip-bus_all


posted by ぴかまま at 05:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | エンターテイメント
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。