2007年10月28日

福山雅治さん(ガリレオ)★「0から1に」が僕の誇り

福山雅治さん(ガリレオ
YOMIURI ONLINE(読売新聞)
「0から1に」が僕の誇り 
 「0から1にする作業」 シンガー・ソングライターとしての仕事を、こう表現する。「用意されたものをただやる、という作業とは違う。それが僕の誇りであり、僕にとっての自由だ」とも。

 ドラマで演じる際にも、これは当てはまる。「台本だって、音楽で言えば歌詞カードや譜面みたいなもの。どう歌うかと同じように、どう演じるかというのは、やっぱり0から1にする作業だと思う」

 インタビューに対して、自分の言葉一つひとつに気を使い、ていねいに答えていく。自分の言葉を大切にする姿勢は、根っからのアーティストだからだろう。

 コンサートなどが重なり、時間が取れなかったことから、連続ドラマへの出演は4年半ぶりになる。湯川を演じるため、1か月前から体を絞り、主題歌のプロデュースや劇中の音楽なども手がける。役作り、レコーディングと寝る間もないほどの忙しさだが、「好きなことをやっていられるから、ストレスには感じない」と言い切る。

 クールな表情の裏側にのぞく、新たな作品への情熱。それが、誰にも魅力的に映る理由なのだろう。

 文・川村律文

 写真・清水敏明

Q 疲れを吹き飛ばすメニューはありますか。(東京都・だだちゃ豆さん)A 今は役作りのため、炭水化物や油を控え、たんぱく質中心の食事なんです。だから、糖分を取るだけで疲れがバーンと取れますね。

Q 一番落ち着く場所はどこですか。(大阪府・自動車マンさん)

A 最近は、海や山のような、自然のある所が好きです。自分の力ではどうにもならない雄大なものに触れたとき、ホッとします。

Q ストレス解消法は何ですか。(山梨県・まちゃままさん)

A ストレスを感じた対象に打ち勝つこと。仕事でストレスを感じたら、仕事で解消するしかない。代わりのもので、気分転換ということにはならないと思う。しつこい、根に持つ性格なんですね。

ガリレオ(フジテレビ系月曜後9・00)
  帝都大学准教授の天才物理学者・湯川学(福山雅治)が新人刑事・薫(柴咲コウ)と協力し、さまざまな怪事件を解き明かしていく。29日の第3話では、薫が、無人にもかかわらず激しく家が揺れる現象に出くわす。原作は東野圭吾。

プロフィール
ふくやま・まさはる
 1969年2月6日生まれ。長崎県出身。90年に歌手デビューし、2000年に「桜坂」が大ヒットした。ドラマ「ひとつ屋根の下」などで俳優としても人気を集める。24日に、ライブのDVD「17nen mono」を発売。

(2007年10月26日 読売新聞)


福山雅治主演・月9ドラマ「ガリレオ」


posted by ぴかまま at 04:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福山雅治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。