2007年10月29日

後藤真希がハロプロ電撃卒業!弟逮捕&音楽性の違いに悩み

後藤真希がハロプロ電撃卒業!弟逮捕&音楽性の違いに悩み

ヘソ出しセクシールックでキレのあるダンスを披露する後藤真希ハロプロ卒業後は、さらなる進化と真のアーティストへの脱皮を目指す

 実弟で元歌手、後藤祐樹容疑者(21)が窃盗容疑で逮捕された元モーニング娘。後藤真希(22)が28日、埼玉・大宮ソニックシティで行われた全国ツアーの最終公演で、アイドル軍団、ハロー!プロジェクトからの卒業を涙ながらに発表した。実弟の事件で他のメンバーに迷惑をかけたことと、活動の方向性の違いから、所属事務所と話し合いを重ね、卒業を決断した。





 「このたびは弟がお騒がせをして、大変申し訳ありませんでした」

 昼公演が幕を開けて最初のトークで、後藤は深々と頭を下げて謝罪した。あまりにも長時間下げていたため、会場は水を打ったように静まりかえり、その後温かい拍手が巻き起こった。

 後藤はこの日、覚悟を決めて臨んでいた。夜公演のアンコールでは「本日28日をもってハロプロから卒業します。いきなりの発表でごめんなさい。戸惑っているかとは思いますが、次に会う時にはパワーアップした後藤真希を見せたい」と涙ながらにあいさつした。

 また、マスコミ各社にあてたコメントにも「これから先のことはわかりませんが、自分にしかできないことの追求、自分の音楽性について見つめ直していく中で、いろんなことを吸収し、自分の力に変えていき、今より前へ確実に進んでいきたい」と決意表明した。

 後藤の卒業が決まったのは、20日の事件発覚後だった。所属事務所と話し合いの場が設けられ、後藤がハロプロに在籍し続けることで今後も他のメンバーに迷惑をかけてしまうことと、自身の考える音楽活動の方向性と事務所の方針との違いについて悩んでいることを打ち明けたという。

 モー娘。のメンバーとしてハロプロ入りした平成11年、「LOVEマシーン」を大ヒットさせ、NO.1アイドルの座を手に入れた。14年のモー娘。卒業後もハロプロ内でソロ歌手として活躍した。が、もともとアーティスト志向が強く、ここ数年セクシー路線でダンスに磨きをかけてきた。

 アイドル軍団に在籍することに違和感を覚え始めたタイミングと弟の不祥事が重なり、責任を取ることも含めて卒業を決断したようだ。ただ、事務所やレコード会社の移籍は「ない」(所属事務所)としている。

 後藤は米国のジャネット・ジャクソンやビヨンセのように、アイドルから真のアーティストへの脱皮を目指すが、果たして災い転じて福となすことができるか。


■事件VTR
 祐樹容疑者は少年数人と共謀し、7月14日夕方から15日未明にかけ、東京都江戸川区内の都営住宅の工事現場に、出入り口の鍵を壊して侵入。電気工事用の銅製の電線約80束(約100万円相当)を盗んだ。レンタカーで借りた2トントラックで電線を運び出すところを住民に目撃され、後藤容疑者らはトラックを乗り捨てて逃走。しかし、レンタカーの申告書で足がつき、共犯の少年が逮捕された。逃げられないと観念した祐樹容疑者は20日朝、警視庁小松川署に出頭した。
http://www.sanspo.com/geino/top/gt200710/gt2007102915.html



タグ:後藤真希
posted by ぴかまま at 18:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。