2007年10月29日

万年筆が静かなブーム IT時代も女性のステータス


万年筆が静かなブーム IT時代も女性のステータス
10月29日13時25分配信 産経新聞


 デジタル一辺倒の時代に、万年筆が売り上げを伸ばしているらしい。
 実情を知るため東京・日本橋の丸善を訪ねた。日本における万年筆販売の草分けであり、「ファウンテンペン」を「万年筆」と訳したのが丸善−といわれるほど万年筆と縁の深い会社である。
 うわさは本当だった。
 「万年筆の売り上げは5年前に比べ5割増になっています」と、日本橋店文具売り場長の山田明治さん。
 輸入品ならモンブラン・マイスターシュティック145(5万3550円)、ペリカン・スーベレーンM600(3万9900円)、国産品なら3万円ほどのセーラーのプロフィットシリーズ(長刀研ぎ)とパイロットのカスタムシリーズといった「定番」が同店の売れ筋という。
 「客層は以前は40歳以上のシニアの男性が中心でしたが、最近は20代の女性の方もよくお見えになります。若い女性にはパーカーやウォーターマンの2万円前後の商品がよく出ますね」
 ブームの背景を山田さんに尋ねるとこんな答えが返ってきた。
 「若い人たちはパソコンやケータイのメールの画一性に飽きてきたのでは? もっと自分の個性や気持ちを伝えたいと思った人たちが万年筆を《発見》したのではないでしょうか。また、よい万年筆を持つことは一種のステータスと感じるようです。ヴィトンのバッグを買うように、高級品を求める若い女性も少なくないですね」
 ちなみに同店でもっとも多く出るのはペリカンという。ペリカン日本に問い合わせてみると、「ここ5年の売上高は毎年、前年比2けた以上の伸び率を記録しています。一番人気はスーベレーンM400(3万1500円)です」とのこと。
 万年筆は本当に売れているのである。
                   ◇
 こうしたブームの中で、万年筆マニアが集結して編まれた万年筆写真文集「ペン!ペン!ペン! ファウンテンペン!」(南雲堂フェニックス・3150円)が登場し、売れ行きも上々という。
 マニア58人が自分の愛する万年筆を語る「私が選んだ1本の万年筆」と題された第1章は圧巻。愛する万年筆とそれで書いた原稿の美しい写真が雄弁にその魅力を伝えている。

 編者の足沢公彦さんはこう話す。「最近のブームは女性がつくっているところがあります。それは男性より女性の方が伝えたい気持ちを持っているからではないでしょうか。《気持ちを伝えるのなら万年筆》という意識が確かに醸成されつつあります。それに加えて、万年筆で書いた字には品格があると感じる女性が増えてきたように思います」
 「国家の品格」「女性の品格」といった近年の「品格」ブームが、万年筆を発見させたといえるかもしれない。
 万年筆を愛してやまない足沢さんはさらに風呂敷を広げる。「万年筆で手紙を書くときは、パソコンやボールペンに比べ、はるかに相手の気持ちをおもんばかって書いてしまうものです。さらには時候のあいさつが気になったり、インクの色が象徴する意味を意識したりと、日本のもてなしの文化をおのずと意識するようになりますね。極論ですが、日本を《美しい国》にしたいのなら、みながこぞって万年筆を使うべきでしょう」(桑原聡)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071029-00000928-san-bus_all



タグ:万年筆
posted by ぴかまま at 19:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | エンターテイメント
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。