2007年11月01日

林家いっ平、09年春に「林家三平」襲名へ

林家いっ平、09年春に「林家三平」襲名へ

2代目林家三平の襲名発表の記者会見で、笑顔の林家いっ平

 落語家の林家いっ平(36)が31日、東京都内で記者会見し、2009年春に父親の高座名を継いで2代目林家三平を襲名すると正式に発表した。襲名披露興行は同年3月下旬に都内の寄席でスタートする。

 会見には、所属する落語協会の鈴々舎馬風会長、義兄の春風亭小朝、兄の林家正蔵らが同席。いっ平は「サービス精神、芸に対する熱心さを受け継ぎ、2代目としてやっていきたい」と話した。

 いっ平は1989年入門、93年に二ツ目、2002年に真打ちに昇進。明るい高座が特徴で、真打ち昇進前には、東京・浅草で「お練り」を行い、話題を呼んだ。

 父の初代三平は「爆笑王」と呼ばれたが80年に死去。いっ平は三平のギャグをもじって「天国の父に『どうもすいません』と言わないようにやっていきたい」と笑わせた。

(2007年10月31日13時54分 スポーツ報知)
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20071031-OHT1T00132.htm


posted by ぴかまま at 08:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。