2007年11月01日

ガソリン150円時代、値上げ相次ぎ生活直撃

ガソリン150円時代、値上げ相次ぎ生活直撃
11月1日14時42分配信 読売新聞

 全国各地のガソリンスタンド(GS)で1日、ガソリン灯油など石油製品の店頭価格が大幅に値上がりし、首都圏では、看板でレギュラーガソリン1リットル=150円を超す価格を掲げるGSが次々と登場した。

 原油価格の高騰を受け、石油元売り大手各社がこの日、石油製品の卸価格を1リットルあたり4〜6円程度引き上げたためだ。輸入小麦など原材料価格の上昇で、食品などの値上げ表明も相次いでおり、物価上昇が庶民の生活を一段と圧迫し始めた。

 石油元売り最大手、新日本石油の子会社が直営する横浜市神奈川区のGSは1日、ハイオクガソリン、レギュラーガソリン、軽油の店頭価格を1リットルあたり8〜15円引き上げた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071101-00000006-yom-soci

山崎製パンが値上げへ=食パンは24年ぶり、12月から
食品値上げ相次ぐ


posted by ぴかまま at 17:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。