2007年11月03日

「ALWAYS〜」舞台あいさつで観客スタンディングオベーション

「ALWAYS〜」舞台あいさつで観客スタンディングオベーション

 昭和ブームを巻き起こした大ヒット作の続編映画「ALWAYS 続・三丁目の夕日」が3日封切られ、舞台あいさつに登場した山崎貴監督(43)、主演の吉岡秀隆(37)らが観客からスタンディングオベーションで迎えられる好スタートを切った。

 吉岡を先頭に小雪(30)、堤真一(43)、薬師丸ひろ子(43)、堀北真希(19)らが客席を通って壇上に上がると、900人以上で埋まった客席は総立ちで拍手。三浦友和(55)は「スタンディングオベーションは初めて。ちょっと涙が出そうになりました」と感激した様子。吉岡は「町内会の皆様を誘って、三丁目にまた遊びに来て下さい」と笑顔で呼びかけていた。
(2007年11月3日16時07分 スポーツ報知)
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20071103-OHT1T00176.htm

「ALWAYS 続・三丁目の夕日」ほのぼの 温かい涙 再び
吉岡自信「前作超えてます」…「ALWAYS 続・三丁目の夕日」完成披露
「三丁目の夕日」再び、続「ALWAYS」の完成披露ALWAYS 三丁目の夕日:あの名作の続編は「美しい日本」で「涙腺ゆるむ


posted by ぴかまま at 18:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。