2007年11月05日

「続・三丁目の夕日」人情劇にスタンディングオベーション

「続・三丁目の夕日」人情劇にスタンディングオベーション

 大ヒット映画の続編「ALWAYS 続・三丁目の夕日」が3日、全国で公開され、大勢の観客が泣き笑いの人情ドラマを楽しんだ。

 東京・有楽町の日劇1では、4回の上映がいずれもほぼ満席。1回目の上映終了後、山崎貴監督や吉岡秀隆、小雪さんら出演者が舞台あいさつに立ち、客席からスタンディングオベーションが沸き上がった。吉岡さんは「何度も劇場に足を運んで、三丁目に遊びに来て下さい」とあいさつした。

 映画を夫婦で見に来た竹田浩三さん(48)は「他人のことは関係ないという世の中だけど、“人情”の大切さを教えてくれる映画を見て、心が優しくなったような感じがした」と話した。また、1作目に続いて映画を見た小川弘子さん(45)は、「登場人物に似ていたという、父の若いころを思い描きながら、楽しませてもらった。続編だから、ちょっと心配してたけど、1作目に負けない映画だった」と話した。

(2007年11月3日20時1分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20071103i513.htm

堀北真希「びっくりした」 
三丁目の勇士だ吉岡&堤が乱入男撃退…「ALWAYS」初日あいさつでハプニング


posted by ぴかまま at 04:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。