2007年11月06日

陣内孝則監督第2弾映画完成!「織田裕二に勝った」

陣内孝則監督第2弾映画完成!「織田裕二に勝った」

高さ2メートルの氷のクリスマスツリーを囲み雄たけびをあげる陣内孝則監督、森山未來、加藤ローサ

 俳優の陣内孝則(49)がメガホンを執った監督第2弾の映画「スマイル〜奇跡の聖夜〜」(12月25日公開)の完成報告会見が5日、都内で行われた。

 森山未來(23)演じる元タップダンサーがアイスホッケーの弱小少年チームの監督を務めることになり、子供たちと奮闘する姿を描く。

 構想8年をかけて映画化にこぎつけた陣内は「俳優としては完ぺきな男だけど、監督としては未熟」とジョークを交えながら、自らの思いを力説。

 製作したフジテレビの亀山千広映画事業局長(51)も試写で号泣したそうで、「『踊る大捜査線』でも泣かなかったという亀山さんがボロボロ泣いてくれた。織田(裕二)に勝ったと思った」と誇らし気だった。

(2007年11月5日18時35分 スポーツ報知
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20071105-OHT1T00197.htm


posted by ぴかまま at 04:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。