2007年11月07日

IKKO脱いだ!“桃組”で紅白出場

IKKO脱いだ!“桃組”で紅白出場
11月7日7時7分配信 スポーツニッポン


 大みそかの「第58回NHK紅白歌合戦」に“おねえキャラ”で人気の美容家、IKKO(45)が出場することが、濃厚となった。

 NHK関係者によると“おねえ系”と呼ばれる中性的な男性タレントたちに、年末のスケジュールを確認する作業を始めたという。中でも流行語「どんだけ〜」の生みの親で、女子高生ら10代から絶大な人気を誇るIKKO。今年の流行語大賞にも選ばれそうな、その人気で視聴率を“どんだけ”アップさせられるか期待している。

 NHKでは「紅白歌合戦」のマンネリ化からの脱却を図るため「紅組と白組の対決という番組の根幹部分を見直したい」と、紅白どちらにも属さない特別枠の設置を決めたタイミング。対決構図を嫌って出演を拒んできた大物歌手のステージ以外に、文字通り「紅白」の中間にあたる“桃組”の出場により、性別、年齢を超えた幅広い視聴者を獲得する狙いだ。

 IKKOは、演歌歌手の長山洋子(39)のヘアメークを手掛けていることでも有名で、紅白には裏方として毎年参加。また、歌手デビュー曲「どんだけ〜!の法則」(12月5日発売)のプロモーションビデオでフルヌードも披露。テーマは「ゴージャスでかわいい、略して“ゴジャカワ”ですよ」と担当者の鼻息も荒い。

最終更新:11月7日7時7分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071107-00000049-spn-ent


posted by ぴかまま at 17:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。